ここから本文です

【RIZIN】朝倉海vs堀口恭司、気になる再戦の時期は「10月か12月に。リマッチは早いと思います」(榊原CEO)

8/20(火) 7:02配信

ゴング格闘技

2019年8月18日(日)ドルフィンズアリーナ(愛知県体育館)で開催された『RIZIN.18』のメインイベントは、朝倉海(トライフォース赤坂)がRIZIN&Bellator世界バンタム級王者・堀口恭司(アメリカン・トップ・チーム)を1R1分08秒でKOするという衝撃的結末に沸いた。

【写真】朝倉海が堀口に勝った歴史的瞬間

 大会終了後、榊原信行RIZIN CEOは「いろいろな格闘技のイベントを主催し、見てきましたけれど、本当に歴史が動く瞬間がこの『RIZIN.18』名古屋の地で起きたんだなと。格闘技のダイナミズム、格闘技の醍醐味──スポーツのすべてに通じるかもしれませんが、追われる者と追う者のメンタルの部分、追いかける者の強さがこの1戦に明らかに出たと感じています」と、メインイベントを振り返った。

 続けて「何を置いても朝倉海選手と堀口選手。これから2人のドラマも始まっていくと思いますし、ある意味、RIZINの新章、ニューチャプターがスタートする」と、RIZINに新たな時代が訪れたとする。

 さらに、今回の試合を堀口陣営が一度オファーを断った、という話も。

「堀口選手と契約して向き合って、これまで断ってきたことはないですが、今回の朝倉海(戦)は断ってきました。『やる意味がない』と。本当にそうだと思うんですよね。とはいえ、やる意味がない、自分のなかで朝倉海と戦う意味を見つけられないという中で、『でも恭司、考えてみて。じゃあ、いま契約的に問題のない、僕らが連れてこられる選手で、やる意味のある選手って誰かいる?』と。それで(朝倉海の地元の)名古屋で(大会が)あって、朝倉海以上に日本の格闘技を盛り上げるというテーマの中で今の恭司の前に立つふさわしい選手っていなくないか? というところで、30分後に『やっぱり受けます』と言ってきました。

 本人の中では気持ちを作る時間、たぶんBellatorのケージに入ることで、いったんホッとしたと思うんです。だから、6月の試合で2冠を巻いて、そこからこの2カ月弱の間に、対戦相手を受け容れて、闘うハングリーさや貪欲さ、いろいろなものをもう一度自分の中に纏うということができる選手が、朝倉海ではなかったんだと思います。

 逆に堀口はもっと強くなると思います。確実に借りを返さないといけない相手も出来たし、負けることで強くなる。復活してくる、リマッチに挑む堀口はみものだと思います」

 そうなると両者が望んでいるタイトルマッチでの再戦の時期が気になるところ。

 榊原CEOは「まず堀口はほぼ記憶が飛んでいる。さっき会見後にここでも会ったんですけれど、みなさんの前で喋ったこともウロ覚えでした。完全KOではないけれど、かなりの衝撃をもらっているので、少し休ませる必要がある。本人の気持ちはそう(すぐにリマッチ)でしょうけれど、プロモーターとしても早ければ10月、12月に組みたい。

 海とも終わった後に話しましたが、今回はこの試合を受けた堀口恭司の男気に、彼もリング上で感謝していましたが、プロモーターとしても感謝していますし、必ず、堀口が求めるリマッチには応じるというのが朝倉海の立ち位置だと思います。しっかりドクターチェックして、堀口の身体の部分のオーバーホール、ダメージが残っていないか、その期間が取れれば、それこそ10月か12月に。リマッチ(の時期)は早いと思います」と、堀口のダメージを考慮したうえで年内に再戦を組みたいとした。

最終更新:8/20(火) 13:55
ゴング格闘技

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ゴング格闘技

ジャパンコンテンツマネジメント

ゴング格闘技
2019年7月23日発売

定価 本体1,111円+税

【特集】快挙! 世界二冠・堀口恭司とは何か?
■DJら対戦者が語るキョージ・ホリグチ
■「格闘兄弟」朝倉未来&海ほか
■魔裟斗×武居由樹/亀田が語る那須川天心

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事