ここから本文です

【掴んだ!! 11月正式発表!!】トヨタ&ダイハツ新型コンパクトSUVの正体

8/20(火) 11:02配信

ベストカーWeb

 これまで幾度となくお伝えしてきたトヨタ&ダイハツの新型コンパクトSUVですが、ここに来て新情報が入ってきました!

【写真】ダイハツ 新型SUV「DNトレック」の画像をチェック

 すでに新車を購入したことのあるユーザーを対象としたティザーキャンペーンが2019年8月上旬から始まっており、2019年9月末までに価格を決定、10月1日から事前予約をスタートさせる見通しです。

 初公開は2019年10月24日から開催される東京モーターショー。トヨタ、ダイハツとも2019年11月5日に発表、発売となり、同月16、17日には全国一斉のディーラーでの発表展示会を開催する予定です。

 さて、トヨタ&ダイハツの新型コンパクトSUVはどんなクルマになっているのでしょうか? 今わかっていることすべてを流通ジャーナリストの遠藤徹氏がお伝えします。

文/遠藤 徹
写真/ベストカー編集部

正式な車名はまだ判明せず!

 トヨタとダイハツは2019年11月5日、新型コンパクトSUVを発表、発売する見込みです。ダイハツが開発&生産を担当し、トヨタにOEM供給する新型コンパクトSUVで、トヨタブランドとダイハツブランドの両方で販売する兄弟車となります。

 気になるのが正式な車名。かつて存在したトヨタラッシュ&ダイハツビーゴを再び使うのか、それとも新しい車名になるのか、現時点ではトヨタ、ダイハツ両ディーラーにもまだ通達は来ていないようです。

 現在、この新型SUVはトヨタでは「A‐SUV」(コード名)」と呼ばれています。またダイハツは前回の東京モーターショーでコンセプトモデルを発表した時に使ったDNトレックになるのではないかといわれていますが、決まったわけではありません。

早くもトヨタディーラーでは8月上旬からティザーキャンペーンスタート!

 トヨタブランドの同モデルは先行して2019年8月上旬にトヨタ系列店向けにティザーキャンペーンをスタートさせています。

 現段階では新車を購入したことのあるユーザーへ提示することから始めているところです。エクステリアデザインはシートカバーで覆われている写真のみで、まだパンフレットもありません。

 ただ、ボディサイズは明らかになっており、全長3995×全幅1695×全高1620mm。ホイールベースは2525mm、トレッドは前1475mm、後1470mmとなっています。

 いっぽう、ダイハツは2017年の東京モーターショーで、DNトレックという名で、新型コンパクトSUVを参考出品していました。

 この時発表されたDNトレックのボディサイズは全長3980×全幅1695×全高1600mm。

 公表されたボディサイズはDNトレックに比べると、全長は15mm長く、全幅は同じ、全高は20mm高い。全長はバンパーの大型化、全高はルーフレール分のプラスと考えればほぼ同じサイズとなります。

 ライバルと思われるスズキクロスビーは、全長3760×全幅1670×全高1705mmなので、DNトレックより全長が235mm長く、全幅は25mm広く、全高は85mm低い。SUVにしてはワイド&ローで、よりクロスオーバー感覚のデザインとなります。

1/3ページ

最終更新:8/20(火) 12:39
ベストカーWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事