ここから本文です

麦茶ポットをあるものに変えるだけで、夏の家事がラクに

8/20(火) 21:02配信

ESSE-online

夏の時期、小さいお子さんのいる家庭ではお茶をグラスに注いであげるのが地味に大変な作業。自分でやってくれれば、と思うこともあるかもしれません。

ライフオーガナイザー高田舞子さんのお宅ではある工夫をすることで、お子さんのできることの範囲がぐんと広がったのだとか。詳しくお話を聞きました。

子どもの自己肯定感アップにもつながる!夏の水分補給の仕組み

●お茶は冷蔵庫にしまわないことにした

夏のお茶といえば、ピッチャーに入れて冷蔵庫保存というご家庭が多いのでは?
わが家でもそうでした。麦茶を飲む際はその都度、冷蔵庫をあけて、コップに注ぐ。自分の分とまだ小さい息子の分を、毎度せっせと注いでました。

ですが、この作業が大変に思えてきて仕組みを見直すことに。
子どもでも自分でお茶を注げるようになればラクになりそうですが、お茶用のピッチャーは幼稚園児にとっては重いうえ、フタを適度に回して注ぎ口をつくり、こぼさないようにコップに注ぐのは難易度が高めです。

そこで目をつけたのが、保温ポット。
冬の寒い時期、熱いお茶を飲む際に沸かしたお湯の二次的保管場所として使っていたもので、お湯を使うシーンが減る夏はポットの出番はほとんどありませんでしたが、ふと「お店形式でいこう!」と思いつきました。「お店形式」とは、冷えたお茶を入れたポットとコップを同じお盆に置いて一緒にテーブルに常駐しておく仕組みのことです。

それ以来、大人も子どもものどの渇きをすぐに潤せるようになりました。
まず、いちいち冷蔵庫をあけなくていいのがすごくいい! さらに、フタの開閉加減が難しいピッチャーより、指で押せばお茶が注げる設計のポットのほうが子どもにはやさしいです。

夏のお茶といえばアクリルのピッチャーと思い込んでいましたが、保温ポットを活用することで快適な麦茶生活になりました。

ちなみに、保温ポットがないご家庭では水筒でも同じ仕組みがつくれます。これならポットよりさらに軽いのでポットでもまだ重い、というお子さんでも使えますね。
宿題をしに別室へ移動することがあれば水筒も一緒に持っていけるのもうれしい。

1/2ページ

最終更新:8/20(火) 21:02
ESSE-online

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ESSE

扶桑社

2019年9月2日発売号

¥558

『ESSE(エッセ)』は生活情報誌。家事、節約、収納、レシピ等のニュースを配信中!
(9月号は特別定価558円)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事