ここから本文です

“スター待遇”で迎えられた香川真司。白星スタートも残った懸念は…

8/20(火) 18:12配信

footballista

本誌連動企画:さぁ開幕!19-20ラ・リーガの要注意人物+α

先週末、待ちに待った2019-20シーズンのラ・リーガが開幕。それぞれ大型補強を敢行した3強の優勝争いを筆頭に、次代を担うヤングスターの台頭やエイバルに復帰した乾貴士の活躍など見どころが尽きない1部はもちろんのこと、柴崎岳、岡崎慎司、香川真司の3選手が参戦する2部にも例年以上に注目したいシーズンとなった。

今回は、発売中の『月刊フットボリスタ第72号』の特集「19-20欧州各国リーグ展望53人の要注意人物」 で取り上げられなかった香川について、スペイン在住の木村浩嗣さんに、開幕節を見て感じた印象、展望を描いてもらった。

文 木村浩嗣


Shinji KAGAWA
香川真司

1989.3.17(30歳)
175cm / 68kg
JAPAN
サラゴサMF|新加入
昨季リーグ成績:14試合|4得点(ベシクタシュ)


 “香川の”サラゴサが開幕節に勝利、順調にスタートを切った。スターティングメンバー発表で名前を呼ばれたら拍手されていたし、80分に退く際にも拍手が湧いた。先制点に繋がりそうなスルーを出してワー、絶妙なFKが味方の頭をかすめてワー、GKの頭を越しそうなループを見せてワー、であった。

 香川はスター待遇で受け入れられている。

 ドルトムントやマンチェスター・ユナイテッドで活躍したスターが、2部の我が街のクラブに来てくれた、ありがたい、という反応である。だから、特に傑出したものではなかったこの試合でのプレーにも、「2部のカテゴリーを超えるディテールを見せた」という好評がつき、ファンも拍手なのである。

 香川のシャツも飛ぶように売れているそうだ。香川が日本のスポンサーを引き連れて来てクラブが儲かる、という話ではなくて、香川というスターに憧れているスペイン人がシャツを欲しがる、という話である。

  クラブもうまかった。

 まずビクトル・フェルナンデス監督が「インパクトのある、夢を見させることが起こる」と前振りをして期待感を煽っておいてから、数日後に「インパクトのある選手は……香川だった!」とやった。Kagawaって誰?ってファンもいたはずだが、「CLクオリティがラ・ロマレダ(ホームスタジアム)に降り立つ」などの報道、地元のアイドル、アンデル・エレーラ(現パリ・サンジェルマン)による「素晴らしい選手! 君のシャツを買うのが待ち切れない」というツイートが続いて、期待感は盛り上がっていった。そうしてスタジアムでのお披露目に6000人が集まったのである。

 “よくわからない日本人がマーケティング戦略の一環でやって来た”という十数年前のスペイン側の反応を知っている身には、今回の香川への“来てくれてありがとう!”はまさに隔世の感がある。このポジティブな空気が追い風であることは言うまでもない。

1/2ページ

最終更新:8/20(火) 18:13
footballista

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事