ここから本文です

テクノロジーには、都市をより住みやすく民主的に進化させる力がある:バルセロナ市CTOの提言

8/20(火) 12:31配信

WIRED.jp

テクノロジーは、都市をよりオープンで包括的で、民主的にする機会をもたらしてくれる。ただし、正しい方法で使用された場合に限っての話だ──。バルセロナ市のテクノロジー・デジタルイノヴェイション責任者(CTO)を務めるフランチェスカ・ブリアによる提言。

民主的な革命の重要性とは?

いまでは覚えている人も少ないが、テクノクラート(官僚)に対するポピュリストの反発が初めて起きたのは50年前のことである。テクノクラートにとってすべては人ごとのようで、冷淡で、路上に暮らす民衆の生活と苦しみとはかけ離れた生活を送っていたことが明るみになったからだ。

こうした人々のいる風景は当たり前のものだった。現代の都市をいまなおかたちづくっている「官僚第一」のメンタリティに反旗をひるがえす人たちとして、当時は確実に存在していたのだ。

未来の都市も、民主的かつ活気のある場所として遺していきたいのであれば、このようなエリート主義を忘れなければならないだろう。第一に優先されるべきは市民であり、官僚や巨大テック企業は二の次に置かれなければならない。まさに、わたしがバルセロナでこの4年やろうとしてきたことだ。

かつて尊敬の対象であり合理性のモデルだった官僚たちが攻撃に晒されるようになった次期は、1960年代までさかのぼる。共感や十分な知識、そして仲間である市民への敬意が欠けていたことが原因だ。

公的機関に対するこうした挑戦の芽生えは、完全に摘み取られることはなかった。結果として多くの都市が、いまではしばしば急進的な新しい市長(バルセロナのように社会運動によって市政を握ることもある)と、とても入り組んでいて融通の利かない官僚組織の内部事情との間で身動きがとれなくなっている。

こうして、官僚を統率することを期待されていた大胆な改革主義者も、最終的には波風を立てない現実的な選択肢に落ち着くことになるのだ。

プラットフォーム第一主義

「プラットフォーム第一」という徹底した中央集権を掲げるスマートシティのモデルが、多くの地方自治体をこの10年にわたり席巻してきたことは、こうした苦境を如実に物語っている。

このモデルは、政策立案に市民を巻き込む点と、重要なインフラストラクチャーへのアクセスを民主化する点において、大いに有望と言えるだろう。それにもかかわらずたいていの場合は、より中央集権的な制度が生み出され、権力は市民の手から巨大テック企業へと移され、公共の意思決定において不透明さが増すだけになってしまう。

都市は官僚に対する不信感がもち上がり、そのまま大きく膨らんだ最初の場所になった。しかし同時に、新しい民主主義が再び生まれる場所にもなりうるだろう。その結果、より充実した住みやすい都市になり、公的機関に対する市民の信頼回復にもつながるはずだ。

このことをバルセロナでは力の限り実践してきた。では、あらゆる人たちを受け入れる民主的で明るい都市の未来を築き上げるには、どんな方向に舵を切ればいいのだろうか。

1/2ページ

最終更新:8/20(火) 12:31
WIRED.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事