ここから本文です

秋物を買う前に必読! 賢くショッピングして、もっとおしゃれになる4つのカギ

8/20(火) 21:22配信

ハーパーズ バザー・オンライン

まったく袖を通したことがない古い服を手放せないとか、2回以上の出番がないアイテムをパニクって買ってしまうとか、ワードローブのこととなると私たちは皆、賢明とは言えない判断を下して罪を犯している。だけど、そんな風になる必要はない。
スペースを作って、お金を節約し、今までないほどに最高におしゃれに見せるための、今着手すべきワードローブ解決策を書き出してみよう。

【写真】未来の環境を守るために! サステナブルな取り組みを行うブランド10選

たった1度の機会のための服を買わない

私たちの誰もがこの罪人だ。結婚式、クリスマスパーティ、懐かしい友達との金曜日の夜の同窓会。ワクワクするようなイベントに向かうことは、必然的に何か特別な、そして新しい服が必要だという気にさせてしまう。とはいえ、しばしば私たちが買うアイテムがお気に入りであるほど、それが2回以上着られるのは稀なことなのだ。

あるイベントに何か特別なものを購入する代わりに、ワードローブにより着回しの効く、ドレッシーないくつかのアイテムを持つようにしよう。トレンド最先端というよりは、シンプルでよりクラシックなものを選べば、それを何度でも着られるだろう。小物使いも賢く計算すれば、同じようなスタイルには決して見えない。

バーゲンだからというだけで服を買わない

大幅値下げに魅了されるのは当然のことで、特にデザイナーアイテムに投資するなら、最大値下げはフルに活用すべき。ただし、そのアイテムがあなたのワードローブに本当に必要なのかによる。単にそれがお買い得だからという理由だけで、服を買ってはいけない。それがどんなにお手頃だったとしても、それを着ることがないのなら、結局はお金の無駄遣いだから。

何かを買うときは、何かを捨てる

分別のある量のワードローブを保つ素晴らしい方法は、1枚買ったら1枚捨てるルールを適用すること。何か新しいアイテムを足すときはいつでも、何かひとつのアイテムを処分しよう。(売り払うかチャリティーに寄付。)クローゼットのレールや棚を服や小物で溢れさせないだけでなく、それはあなたが購入するものに対して、もっとずっと自信を持たなければいけないということを意味する。ワードローブから特別なアイテムを処分しなければいけないとわかっているなら、本当に気に入ったものでないと購入することはないだろうから。

すでに持っているものに投資

私たちの多くが、服がダメージを受けたらすぐにそれらを処分することに罪の意識を感じるが、服がちょっと擦り切れたというだけで、それは捨てなければダメということはない。裁縫師、靴やバッグの修理屋さんなど、近所でお直ししてくれるところを知っておくことで、クローゼットにすでにあるアイテムに投資しよう。服や小物を直すのにちょっとした金額を使うのは、繰り返し何度も同じものを買うよりも価値があるから。

Translation: Natsuko Kadokura From Harper's BAZAAR UK

最終更新:8/20(火) 21:22
ハーパーズ バザー・オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ハーパーズ バザー

ハースト婦人画報社

2019年10月号
2019年8月20日発売

特別定価:700円(税込)

1867年にNYで誕生した世界初の女性
ファッション誌『ハーパーズ バザー』。
厳選された情報を美しいビジュアルと
ともに発信しています。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事