ここから本文です

【K-1】野杁正明「倒し倒されの試合は盛り上がるけど、僕は圧倒的な差を見せて勝ちたい」vs サミ・ラミリ「ノイリを倒してオイシイところを持っていく」=8月24日(土)大阪

8/20(火) 23:00配信

ゴング格闘技

2019年8月24日(土)、エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館第一競技場)で開催される『K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~日本vs世界・5対5&スペシャル・スーパーファイトin大阪~』第10試合 K-1ウェルター級にて、野杁正明(K-1ジム相模大野KREST)とサミ・ラミリ(スイス/Mejiro Gym Amsterdam)が対戦する。

【写真】対日本人無敗のピケオーに見事なハイキックを当てる野杁

幼少時から空手を学んだ野杁は、精緻なテクニックに破壊力ある攻撃を加え、国内外の強豪に勝利し、2017年にK-1スーパー・ライト級王者に輝くとウェルター級に転向。初戦で松岡力を1RKOし、新階級でも圧倒的な強さを見せつけた。しかし、前戦2019年3月「K'FESTA.2」では、対日本人無敗を誇るジョーダン・ピケオーに挑むも判定負け。ピケオーへのリベンジ、そしてウェルター級王座奪取に向けて8月のK-1大阪大会で再始動する。

対戦相手のサミ・ラミリはオランダ・アムステルダムのメジロジム所属。当初、ラジャダムナンスタジアム&ルンピニースタジアムウェルター級1位のシンスリヤー・サクチャイチョート(タイ)が野杁と対戦予定だったが、シンスリヤーの契約違反により出場停止。今回、代わりにラミリが野杁と対戦することとなった。

名将アンドレ・マナートのもと第2代ヘビー級王者ロエル・マナートらと練習を積むラミリは「K-1は小さい頃から見て来た格闘技イベントのなかで世界最高峰の舞台」と、参戦決定にモチベーションは高い。

自身の得意技を「自分の武器はローキックだ。冷静に状況を把握し、確実に相手にプレッシャーを与えていく」と、野杁に負けないローキック使いであることを明かすと、欧州でも知られる強豪・野杁について「ノイリはスピードのある経験豊富な強い選手だ」と高く評価つつも、「ノイリを倒して俺がオイシイところを持っていく。ファンの記憶に残るようなKOで会場を沸かせたい」と勝利に絶対の自信を見せている。

一方、ラミリを大阪で迎え撃つ野杁は、「相手が(シンスリヤーから)変わっても僕がやることは変わらないです。見ている人たちが引いちゃうようなKOで勝ちたいと思います」と、圧勝を予告した。

両者の一問一答は以下の通り。

1/3ページ

最終更新:8/20(火) 23:00
ゴング格闘技

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ゴング格闘技

ジャパンコンテンツマネジメント

ゴング格闘技
2019年7月23日発売

定価 本体1,111円+税

【特集】快挙! 世界二冠・堀口恭司とは何か?
■DJら対戦者が語るキョージ・ホリグチ
■「格闘兄弟」朝倉未来&海ほか
■魔裟斗×武居由樹/亀田が語る那須川天心

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事