ここから本文です

通勤服に「黒ボトム」が重宝する理由とは?【スタイリスト小山田早織】

8/20(火) 12:26配信

with online

カジュアル化が進んでいるとはいえ、働く女子なら避けては通れない通勤服。リアルなのにおしゃれな通勤服を、毎回ひとつのアイテムにフォーカスしてスタイリスト小山田早織さんが熱く語ります。

今月の通勤服名言 vol.1

「黒ボトムなら、どんなトップスを着てもきちんと感を担保できる」

KEY ITEM◇NATURAL BEAUTY BASICの黒クロップト パンツ

SIZE: S/M/L
COLOR: 黒/ベージュ/キャメル
PRICE ¥7500

脚長に見せるバックポケットの位置が秀逸!

★やや高めに配置されたポケット、きれいな立体感を作るタックが美シルエットの秘訣
ほどよい光沢と軽やかさのある素材感。着こなしも体型もきりっと引き締めるセンタープレス。金具がアクセントになっている共布のベルト。定番のアイテムだからこそ、ディテールがしっかりしているものを選ぶことが野暮ったくならない黒クロップトの秘訣です。

魅力を知った上で着こなせば、おしゃれの幅は飛躍的に広がる

通勤服についての連載を始めさせていただくことになったときに、まずお伝えしたいと思ったのが「黒クロップトパンツ」の魅力。定番のアイテムですが、その魅力を理解しきれずに、ただ無難で使えるからはいているという人が多いように感じています。あらためてその魅力を知ることで、通勤服のおしゃれの幅は飛躍的に広がるはず。そう思い、記念すべき第1回目に黒クロップトを紹介することにしました。
 
黒クロップトの最大のポイントは、トップスに何を持ってきても、ある程度のきちんと感が担保されること。トレンド感のある華やいだトップスを合わせたとしても、“冷静沈着”な黒クロップトがオフィスではやや浮ついて見えてしまうかもしれないトップスの雰囲気を抑えてくれる。トップス選びの自由度を上げてくれるのです。男性も着る色なので、オフィスにも自然と溶け込みますし、色の持つきちんと感は右に出るものはありません。

そして超定番アイテムなので、取り扱うブランドも多く、自分の体型や雰囲気に合うものを見つけやすいのもポイント。下半身をカバーしたいならタック入り、柔らかな印象にしたいなら落ち感素材を選べば間違いありません。そして通勤服はもちろん、着こなし次第でオケージョンにも、カジュアルにもなる。控えめながらその実力は計り知れないのが黒クロップトなのです。

小山田さんのイメージソース

★シンプルに着てこそ素敵な、最強ベーシックアイテム
黒パンツの着こなしを参考にするなら、ヴィクトリア・ベッカムやミランダ・カーがおすすめ。シャープな中にも女らしさのあるスタイリングは通勤服でも参考にしやすいはず。

OYAMADA SAORI

雑誌、広告、ショーなど幅広く活躍するスタイリスト。出演する「ヒルナンデス!」でのスタイリングお悩み相談も好評。著書『身の丈に合った服で美人になる』に続き、2冊目の書籍の発売が決定! Instagram@saorioyamadaはフォロワー10万人を超える。

最終更新:8/20(火) 12:26
with online

記事提供社からのご案内(外部サイト)

withonline

株式会社講談社

2018年12月号
10月26日発売!

定価680円

メインターゲットの20代オシゴト女子の
幸せなライフスタイルを「with」が
全面サポートします!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事