ここから本文です

一部屋を上下2部屋に違法改築、住人は立てずに生活(NY)

8/20(火) 18:18配信

ニューズウィーク日本版

<貸すほうも貸すほうなら、借りるほうも借りるほう。しかも、アパートのトンデモ改造はこれだけではなかった>

ニューヨーク・マンハッタンのロウアー・イーストサイドにあるアパートの所有者が、一つの部屋を上下2階に分ける違法改築をしていたことが発覚した。報道によると、所有者は壁を追加して部屋を仕切るのではなく、「天井を追加」して立つこともままならない上下階に分けていたという。

【写真特集】ポルノ女優から受付嬢まで、トランプの性スキャンダルを告発した美女たち

天井の高さはわずか4.5フィート(約137センチメートル)。部屋を借りていた9人の住人は、身をかがめるか、膝をついて歩いていた。天井の配管に住人が頭をぶつけないよう、気泡シートを張っていたともいわれる。

ニューヨーク市建築局は8月17日、ヘンリー・ストリート165番地にあるアパートの701号室の登録所有者ジン・ヤー・リンに対し、10件の違反を通告した。ニューヨーク・ポスト紙によると、ジンがそのユニットを購入したのは2015年9月。購入時にいくら支払ったかは不明だが、住宅ローンの残高はわずか9622ドルだったという。

<まるでフィクション>

天井の低い部屋と聞くと、映画『マルコヴィッチの穴』(7階と8階の間にある「7と2分の1階」の天井の低い部屋で働く主人公が、俳優ジョン・マルコヴィッチの頭のなかに入り込むという奇想天外な物語)を思い浮かべるが、ヘンリー・ストリート165番街のアパートを2階建てに改造していたのはジンだけではない。8月16日には、601号室を所有するシュエ・ピン・ニーも違反の通告を受けていた。広さ約59平方メートルの部屋を11室に分割し、寝泊りだけに使わせていたところ、ニューヨーク市のホットラインに苦情が寄せられて発覚した。電気配線や構造、配管を勝手に改造したとして、14万4000ドル以上の罰金を課された。スプリンクラーも未設置だった。

ニューヨーク市議会議員ベン・カロスはこうしたアパート改造について、「フィクションならおもしろいが、現実としてはぞっとする話だ」と述べた。

ニューヨーク・ポストによると、シュエの間借り人たちは8月16日遅くに退去した。そのうちの1人は同紙に対し、1カ月の家賃は600ドルだったと語った。比較のために言えば、6階に住む別の女性は、1ベッドルームの部屋が月2800ドルだと証言した。

「すべてのニューヨーカーは安全で合法的に暮らす権利がある」と、市建築局のアンドリュー・ラダンスキーは言う。今回のような違法建築は「住人にとってだけでなく、隣近所にとっても非常に危険だ」。

そこに住みたがる人間がいたことも問題だ。

(翻訳:ガリレオ)

ダニエル・アベリー

最終更新:8/20(火) 19:12
ニューズウィーク日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

CCCメディアハウス

2019-9・24号
9/18発売

460円(税込)

【特集】日本と韓国 悪いのはどちらか
終わりなき争いを続ける日本と韓国── 泥沼の関係に陥った本当の原因と「出口」を考える

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事