ここから本文です

『なつぞら』第123話では、なつ(広瀬すず)が仲(井浦新)らに見送られ産休に入る

8/20(火) 8:20配信

リアルサウンド

 毎週月曜日から土曜日まで放送されているNHKの連続テレビ小説『なつぞら』。8月21日放送の第123話では、仲(井浦新)らに見送られたなつ(広瀬すず)が産休に入る。

【写真】富士子(松嶋菜々子)の訪問に驚く坂場(中川大志)

 麻子(貫地谷しほり)が坂場(中川大志)をテレビ漫画製作に誘った第122話。第123話では、帰宅したなつに坂場は、なつの仕事中、麻子の会社に行ってきたことを打ち明ける。坂場は、子供が生まれ、預けやすい年齢になるまで入社を待ってもらうと言う。なつは保育園の事情を調べ、熟考の上決断をした坂場に感謝し、思わず涙を浮かべる。いよいよ出産の日が近づいてきたなつは、仲や下山(川島明)、神地(染谷将太)たちに見送られ、産休に入るが……。

 戦後、北海道の大自然、そして日本アニメの草創期を舞台に、まっすぐに生きたヒロイン・なつの夢と冒険、愛と感動の物語。主演の広瀬すずをはじめ、中川大志、岡田将生、井浦新、染谷将太、渡辺麻友、川島明、比嘉愛未、貫地谷しほりらがキャストに名を連ねる。

リアルサウンド編集部

最終更新:8/20(火) 8:20
リアルサウンド

記事提供社からのご案内(外部サイト)

リアルサウンド

株式会社blueprint

音楽と映画を対象とする総合カルチャーサイトです。各ジャンルのニュースから、第一線のライターによる作品レビュー、業界分析記事まで、多彩な記事をお届けします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事