ここから本文です

入れ歯を外さずに手術を受けた男性の辛すぎる術後

8/20(火) 19:25配信

ニューズウィーク日本版

手術を受けるときには、入れ歯の管理を徹底したい

いつも使っているメガネや入れ歯が見当たらなくて探していたら、不思議なところから出てきたという経験のある人は少なくないだろう。

レントゲンに写る、引っかかった入れ歯

ある男性の探し物は、思いもよらない場所から発見された。

FOXニュースなど、複数メディアによると、腹部にできた良性のしこりを除去する手術を受けたイギリス在住の男性(72歳)に、異変が起きた。手術から6日後、男性は固形物を飲み込めないほどの喉の痛みと呼吸困難、喀血に見舞われ、病院に行くと、レントゲン検査を経て肺炎と診断された。うがい薬、ステロイド、抗生物質が処方されたという。

しかし男性の症状は一向に回復しない。それどころか悪化する一方で、その2日後に再び入院。検査の結果、レントゲンを確認した医師は「声帯を横切る半円形の物体」を発見した。

検査結果を聞いた男性は、腹部の手術を受けて以来、前歯3本の入れ歯がないと相談。医師も男性もこれで合点がいった。半円形の物体は入れ歯だ。

8日越しに入れ歯確保

男性はその後、緊急手術を受け、8日間も引っかかっていた「探し物」を取り出し退院した。しかし、その後も出血が収まらず何度か病院を訪れ、最終的に動脈の裂傷が見つかり緊急手術に。出血量が多く輸血が数回行われたそうだ。

現在、男性は無事に回復したという。CNNによると「麻酔中に入れ歯を管理する方法に関するガイドラインはない」。男性の喉に引っかかっていた入れ歯を発見した耳鼻咽喉外科医ハリエット・カニフェ氏は、手術前に患者の入れ歯を確実に取るよう、医師たちに呼びかけている。

ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

最終更新:8/20(火) 19:27
ニューズウィーク日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

CCCメディアハウス

2019-9・24号
9/18発売

460円(税込)

【特集】日本と韓国 悪いのはどちらか
終わりなき争いを続ける日本と韓国── 泥沼の関係に陥った本当の原因と「出口」を考える

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事