ここから本文です

CEOと一般労働者の所得格差、その原因と是正への課題

8/20(火) 18:00配信

Forbes JAPAN

アメリカの上位企業350社を経営する最高経営責任者(CEO)は、2018年1年間で1人平均1720万ドル(約18億3253万円)の報酬を得ていた。この額は、一般的な労働者の平均給与の278倍だ。

このデータは、米シンクタンク経済政策研究所(EPI)が実施した新たな分析で明らかになったものだ。アメリカのCEOの報酬は、1978年と比べて1000%近く増えたという。一方、民間企業で働く人の平均給与の増加率はわずか12%ほどだった。

2018年における「CEO対一般労働者の給与比率」は、278:1だ(ストックオプションの権利行使価格を考慮した場合)。しかしこの割合は、1989年には58:1だったし、さらに1965年にはわずか20:1だった。

EPI報告書によると、CEOの報酬が適正範囲を超えていることが、格差拡大の大きな原因になっているが、そうした要因はなかったことにされる場合があるという。こうした状況が、上位1%の報酬増加を加速させ、超高額所得者と下位90%の格差を広げている。

報告書が指摘する点でさらに興味深いのは、CEOの大半が多額の報酬を得ているのは、生産性が向上したからとか、その人が独特な能力や引く手あまたのスキルを持っているからではないということだ。CEOが巨額を手にできるのはむしろ、報酬額を決定するうえで絶大な影響力を持っているからである。CEOが報酬を減らされたり、重い税金が課されたりしても、経済にマイナスの影響が及ぶことはないだろう。

こうした問題を解決して、所得格差を縮小することは容易ではない。しかし、新しい政策を導入すれば解決につながるかもしれない。たとえば、所得の限界税率を再び高く引き上げたり、CEOと従業員の給与比率の差が大きい企業に対する法人税率を高く設定したりすることなどが考えられる。コーポレート・ガバナンス(企業統治)を改善して、ほかのステークホルダーたちにも影響力を行使できる手段を与え、報酬に対するCEOの要求を抑え込むことも可能かもしれない。

Niall McCarthy

最終更新:8/20(火) 18:00
Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN
2019年10月号

株式会社アトミックスメディア

2019年10月号
8月24日(土)発売

980円(税込)

成功のヒントはフォーブスにあり!
Forbes JAPAN 無料会員に登録すると、すべての記事が読み放題。記事の保存や閲覧履歴チェック、プレゼントへの応募も可能に。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事