ここから本文です

ベネチア、衝突事故受け巨大クルーズ船禁止へ?

8/20(火) 17:00配信

Forbes JAPAN

ベネチア港湾局は各都市に協力呼び掛け

一方英紙ガーディアンによると、ベネチアの港湾局は巨大船舶がもたらす危険に対処するため、欧州でクルーズ船寄港地として人気が高い各都市に協力を促している。ベネチア港湾局は、市のリーダーが問題の解決策を巡って中央政府関係者と衝突する中、バルセロナやアムステルダム、マルセイユ、ドブロブニク、ゼーブリュッヘ、ハンブルク、パルマ、マラガなどの港に協力を呼びかけた。

北アドリア海港湾局のピノ・ムゾリーノ局長は他の港の港湾局に向けた書簡で「クルーズのセクターはこれまでも、そして現在も私たちの港や街にとって大きな収入源であり、雇用やイノベーションを提供してきた」とした上で、「しかし、船の巨大化や港の周辺地域の環境への影響、増え続ける観光客が訪問先の街にもたらす“負担”が争いを生み出している。(…)ベネチアの近年の状況は、後戻りができない実質的な損害を生むリスクが絶えず存在することを示した」と記した。

Cecilia Rodriguez

3/3ページ

最終更新:8/20(火) 17:00
Forbes JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事