ここから本文です

この夏はずせない!九州で人気の鍾乳洞スポット3選

8/20(火) 10:00配信

ウォーカープラス

太古のロマンを感じる神秘的な空間には、子供のみならず大人も魅了される。天然クーラーの世界を、いざ探検!

【写真を見る】稲積水中鍾乳洞 / 透明な水底に見える鍾乳石は別世界の風景。新生洞と水中洞を合わせて33か所の見どころがあり、所要時間はトータル30分程度

■ 千仏鍾乳洞(福岡県北九州市)

入口から900m地点までが照明を設置した見学コース。“奥の細道”から人がやっと通れる幅の通路や水温14℃の清流の中を進むと冒険気分が楽しめる。

[千仏(せんぶつ)鍾乳洞]福岡県北九州市小倉南区平尾台3・2・1 / 093-451-0368 / 9:00~17:00、土曜・日曜・祝日~18:00 / 無休 / 800円、高校生600円、中学生500円、小学生400円

■ 稲積水中鍾乳洞(大分県豊後大野市)

水中にある「稲積(いなづみ)水中鍾乳洞」の全長約1000mのうち、200mの部分を観覧通路の上から見学することができる。水と鍾乳石のアートが美しく、水中鍾乳洞は世界的にも珍しい。年中気温が16℃と快適で、夏は涼しく感じる。

[稲積(いなづみ)水中鍾乳洞]大分県豊後大野市三重町中津留300 / 0974-26-2468 / 9:00~17:00※夏期延長あり、要問い合わせ / 無休 / 1300円、中高大生1000円、4歳以上700円

■ 球泉洞(熊本県球磨郡)

全長4800mの鍾乳洞「球泉洞」は九州一の長さ。一般コースは30分かけて石柱などの鍾乳石を周回して見学する。ゆっくり歩き、洞内の冷気で体を冷やそう。

[球泉洞]熊本県球磨郡球磨村大瀬1121 / 0966-32-0080 / 7月9:00~17:30、8月は~18:00、9~6月の閉場時間は要問い合わせ(最終受付一般コースは閉場30分前、探検コースは閉場60分前) / 無休 / 高校生以上1100円、中学生800円、小学生600円、3歳以上450円、探検コースは一律+800円

(九州ウォーカー・九州ウォーカー編集部)

最終更新:8/20(火) 10:00
ウォーカープラス

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京・最強コスパ飯
焼肉の名店
カジュアル借金のワナ
美術館カフェに行こう。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事