ここから本文です

元宝塚スター・七海ひろき「ときめいたり恋をしてもらいたい」変わらぬスタンス明かす

8/20(火) 12:00配信

ザテレビジョン

2003年に宝塚歌劇団に入団、以後16年男役として活躍し、2019年3月24日に惜しまれつつも宝塚を退団した七海ひろき。8月21日(水)にミニアルバム「GALAXY」をリリース、2020年1月放送予定のアニメ「ソマリと森の神様」に声優として出演するなど、退団後も精力的に活動を行う七海にインタビューを実施。アルバムに込めたファンへの思いやコンサートの構想、声優に挑戦してみて感じたことなどを聞いた。

【写真を見る】格好よすぎる!壁ドン(!?)をする七海ひろき

■ 皆さんに伝えたい思いとリンクした

――ミニアルバム「GALAXY」には、ご自身が作詞を手掛けられた楽曲以外に2曲のカバーが収録されていますが、選曲の理由を教えてください。

T.M.Revolutionさんの「WHITE BREATH」ですが、T.M.Revolutionさんは元々好きだったんです。

カラオケに行くと絶対に歌っていて、宝塚時代のイベントなどでも歌ったことがある曲なので、皆さんも喜んでくださるかなと思い選びました

ウルフルズさんの「バンザイ~好きでよかった~」は放送していたラジオ番組のエンディングにいつも流していて、先日イベントでも歌わせていただきました。

理由としては歌詞がストレートなので、今自分が皆さんに伝えたい思いとピタっとリンクしたからです。

■ “新しい七海ひろき”を皆さんにお見せしたい

――どの楽曲も音域が男役に近いように思ったのですが、何か意識されたことはあるのでしょうか?

男役の頃と全く変わらないかというと違うとは思うのですが、宝塚時代から私のスタンスとして、「ときめいたり恋をしてもらいたい」という思いがあります。

それは退団後も同じで、性別とかではなく人間として恋をしてもらいたいなと考えた時に女性すぎる楽曲を歌うというのには違和感があって。

だからと言って男性しか歌えないような曲というのも違うと感じたので、自分のボーイッシュな部分も生かせるような楽曲を選びました。

――アルバム発売を控えた中で行うコンサートですが、現時点での構想などを教えてください。

12月にはディナーショーをさせていただくのですが、そちらは“宝塚”をテーマにしようと思っているので、今回のコンサートは夏ですし、ひたすらみんなと盛り上がる「コール&レスポンス」があるようなコンサートにしたいと思っています。

構成はアルバムに収録されている曲の他、今私が皆さんに届けたいなと思っている宝塚歌劇以外の楽曲をチョイスしています。

“新しい七海ひろき”を皆さんにお見せしたいですね。

■ 声優は「もう一つの夢」

――七海さんといえばアニメ・漫画好きとしても知られていますが、いつ頃から興味を持たれたのでしょうか?

幼い頃から見ているのですが、キャラクターが好きというよりは、物語の展開やキャラクターの心情を感じ取るのが昔から好きだったんです。

自分の人格形成にアニメや漫画の影響は大きくて、キャラクターに「こういう生き方をしたいな」などと感じて、それを踏まえた上で自分が成り立っているんです。

今の私があるのはアニメや漫画のおかげ。なのでお仕事として携わらせていただける機会があるのは本当にうれしいですね。

また作品として幼い頃に一番影響を受けたのは「美少女戦士セーラームーン」シリーズですね!

「一人でも頑張る、皆でも頑張る」っていう精神が心に残っています。ちなみに好きな戦士はウラヌスですかね(笑)。

――今回、声優として「ソマリと森の神様」(2020年1月放送)に参加されますが、在団中にも既に「ノブナガ・ザ・フール」(2014年、テレビ東京ほか)のケンシン役で声優としてデビューされています。その時のエピソードなどを教えてください。

アニメが好きということで、声優をやることは私の中で「宝塚で男役をやる」という夢とはまた違うもう一つの夢でした。だからお話をいただいたときは本当に嬉しかったですね。

監督さんが(当時在籍していた)宙組のイメージカラーである紫を髪色にしてキャラクターを作ってくださったんです。

またアクションアニメだったので、必殺技があったんですよ!今まで自分がアニメで見てきたものをできるというのは気分が高揚して楽しい瞬間でした。

■ くじけたとしても頑張っていきたい

――その経験を経て、再度声優に挑戦されましたがいかがでしたか?

“演じる“ということは私の人生においてずっと続けていきたいことなんです。

しかし、宝塚でやってきたものと声優さんのお芝居はぜんぜん違い、声優にチャレンジしてみて「見てるのとやるのは全然違うな」と感じました。

また色んなキャラクターに挑戦していきたいと思っているので、今は「楽しい!」「やったー!」という気持ちよりも、「私で務まるだろうか」、という焦りやドキドキ、不安がよぎることもありますね。

「ソマリと森の神様」に参加されている皆さんはプロフェッショナルなので、一緒にアフレコをしながら感じたり、吸収したり、勉強させていただく部分がすごく多かったです。

宝塚とは全く別の世界だし、茨の道を進むことになるかもしれないけど、やっぱり好きで、自分が携わっていきたいと思う世界なので、くじけたとしても頑張っていきたいなと思っています。

――共演者の方と何かお話しされたことはありますか?

ゴーレム役の小野大輔さんが声優のお芝居について教えてくださいました。

一人で練習してきたことをその場の空気によって柔軟に変えて、周りの方と合わせる意識の大切さを教えてくださいました。

宝塚は1カ月半のお稽古期間があるのですが、そこでみんなと話し合いながら作っていくのとは違い、各々が役について考えてやってきたものをその場で表現するので、それに反応する瞬発力は今までとは全く異なる要素なので、今猛勉強中です。

■ 距離を近く感じられるような、一緒に色んなことができる場があれば

――最後に今後のことについてなのですが、ファンの方とやっていきたいことなどありますか?

皆さんにそれぞれ事情があるので、ファンの方全員と過ごすという時間はなかなか持つことができないんですよね。だからファンの皆さん全員が一同に集まれるイベントができたらうれしいです。

また、もっと距離を近く感じられるような、一緒に色んなことができる場があればいいなと思います。

旅行に行って、気軽にお土産を一緒に選ぶとか…。

会えない時間があるからこそ、会える時間は密に過ごせる企画ができたらいいなと思います。

――お仕事の面で挑戦していきたいことがあれば教えてください。

音楽活動も声優としてもすごい機会をいただけて、本当にありがたいと思っています。ひとつひとつをきちんと届けていきたいです。

まずは何よりも自分が楽しみ、そして皆さんも楽しんでくださるようにしないといけないなと思っていますね。

あと舞台、生のお芝居というのは私が一番好きで興奮するコンテンツなので、今後も舞台はやっていきたいです。

女優というくくりではなく、“役者”として舞台に立ちたいですね。自分の中で“女優”というイメージがわかないんですよ。

宝塚でなくても演劇は“嘘の世界”だから、女性でも男性を演じることはできますよね。周囲が男性で、その中でどこまで男性を演じきれるかというのにもチャレンジしてみたいです。(ザテレビジョン)

最終更新:8/20(火) 12:00
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン39号
9月18日

定価:410円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事