ここから本文です

さらば青春の光・森田初主演ドラマ、ヒロインは岡崎紗絵「人助けだと思ってご覧ください!」

8/20(火) 6:00配信

ザテレビジョン

お笑いコンビ・さらば青春の光の森田哲矢が、10月24日(木)深夜0時55分からスタートする連続ドラマ「猪又進と8人の喪女~私の初めてもらってください~」(毎週木曜夜0:55-1:25、カンテレ※関西ローカル)で主演を務めることが決定した。

【写真を見る】ヒロインの岡崎紗絵は女優の他、モデルとしても活躍中

ヒロインには、ドラマ「パーフェクトワールド」(2019年4~6月フジテレビ系)でつぐみ(山本美月)の妹・しおり役の好演が記憶に新しい、モデルで女優の岡崎紗絵が起用された。

森田が演じるのは、出版社の編集担当者・猪又進。岡崎演じる、23歳の人気女流作家・アカリの編集担当として、バディを組む。

■ 森田哲矢、初主演&脚本監修務める!

今回のドラマについて森田は「スピード感のある大阪らしい会話劇と、毎回登場する喪女役の方々が、本当に普段から喪女なんじゃないか?という個性派の方々ばかりなので、そこを楽しんでほしいなと思います」とコメント。

岡崎も「アカリは、自分をしっかり持っていて、人の目を気にせずわが道を突き進むパワフルでチャーミングな女の子。曲がったことが嫌いでズバズバ言うところが、潔くて気持ちがいいです(笑)。

けれど根は優しくて人の気持ちをくみ取ることができる子なので、そこをしっかりと演じたいなと思います」と意気込んだ。

森田が連続ドラマに出演するのは初めてのこと。また、全8話の脚本監修を務める。なお同作は、カンテレとBSフジがタッグを組む共同制作ドラマとなっている。

■ 森田哲矢コメント

――今回のドラマの脚本監修・出演について、話を聞いた時の率直な感想を教えてください。

心の底から「何で?」って思いました。脚本の会議やキャスティング会議など何回も重ねた今現在ですら「ほんまにあんのか?」ってちょっと疑っています。

――猪又進という男は、森田さんから見てどのような人物ですか?

毎回ドラマの後半に、猪又の葛藤も含めた妄想シーンがあるのですが、その場面の下世話さは、あんまり自分で言いたくないですが、僕に近いかなと思います。

――ドラマでのパートナー、アカリ役を演じる岡崎紗絵さんの印象を教えてください。

クールビューティーであり、割とサバサバしている感じの印象です。全然台本にない罵声とかも浴びせてきそうで、ちょっとビビってます。

――これから大阪での撮影が始まりますが、楽しみなことや意気込みなどをお聞かせください。

僕はかすうどんが大好物で、東京で食べられるところがほとんどないので、毎日のように食べたろうと思ってます。

――視聴者へのメッセージをお願いします。

人助けだと思って皆さまぜひぜひご覧ください!

■ 岡崎紗絵コメント

――今回のドラマ出演について、話を聞いた時の率直な感想を教えてください。

「コメディードラマに私が!?」と驚きました。それと同時に、とてもうれしかったです。初挑戦のコメディードラマで少し緊張もありますが、楽しんでやってみようと思いました。

――「8人の喪女」との出会いがさまざまな形で描かれる今回のドラマについて、見どころを教えてください。

毎話、面白おかしくも、人の成長を見られるドラマです。お話の最初と最後では全く違った喪女の表情が見られると思います。また、アカリも少しずつ変わっていくので、そこも楽しみに見ていただきたいです。

――ドラマでのパートナー、猪又役を演じる森田哲矢さんの印象を教えてください。

お会いして間もないのですが、森田さんは、猪又さんそのままの感じで優しさと抜群のツッコミを持ち合わせた方です。これからたくさんお話しをして、もっと森田さんを知りたいなと思います。

――これから大阪で撮影が始まりますが、楽しみなことや意気込みなどをお聞かせください。

大阪には何度か行ったことはあるのですが、落ち着いて街並みを見たりなどをあまりしたことがないので、今回撮影で行くことができて、すごくうれしいです。大阪は明るくて活気のあるイメージなので、今からとても楽しみで、とりあえず絶対にたこ焼きは食べたいなと思っています(笑)。

――関西の視聴者へメッセージをお願いします。

初めてのコメディードラマへの挑戦で、ドキドキとワクワクでいっぱいです。楽しみながら、アカリという役と向き合い、私自身も成長できればと思います。皆さん、ぜひ!見ていただけるとうれしいです!

■ 「猪又進と8人の喪女」あらすじ

とある書籍出版社に勤める猪又進(森田)は、人気急上昇中の若手女流作家・アカリ(岡崎)の編集担当につくことに。処女作が大ヒットとなり、注目を集めるアカリの次回作の連載を猪又が任された。

その連載のテーマは「喪女(もじょ)」。「喪女」とは、一度も彼氏ができたことがない、男性を苦手とする女性の俗称である。

しかし、アカリは、天真らんまんで友人も多く派手な生活を送る美女であり、「喪女のことなんて分からないから小説なんて書けない!」と執筆を放棄しようとする。

そんなアカリに、「喪女を連れてきます!」と意気揚々と宣言した猪又は、小説のネタになる「喪女」を探し始める。果たして、どんな喪女と出会うのか。(ザテレビジョン)

最終更新:8/20(火) 6:00
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン38号
9月11日

特別定価:400円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事