ここから本文です

<おっさんずラブ>田中圭、林遣都らの“浴衣Summerビジュアル”解禁にファン歓喜「アイドルみたい!」

8/20(火) 17:15配信

ザテレビジョン

webサイト「ザテレビジョン」では、8月19日の「視聴熱(※)」ドラマ デイリーランキングを発表した。

【写真を見る】田中圭らメインキャストの“浴衣姿ビジュアル”

1位「おっさんずラブ」(テレビ朝日系)18884pt

2018年4~6月に放送され、大反響となった連続ドラマの続編となる映画「劇場版おっさんずラブ~LOVE or DEAD~」が8月23日(金)より全国公開。公開まで4日となった19日、公式SNSでは、主演の田中圭、林遣都、吉田鋼太郎、沢村一樹、志尊淳の“浴衣Summerビジュアル”が解禁された。

「君を好きになってよかった。」のキャッチコピーと共に、5人が笑顔でジャンプしている爽やかなビジュアルに、「全員かわいい」「アイドルのジャケットみたい」とファンは悶絶した。

また、「クイズプレゼンバラエティー Qさま!!」(毎週月曜夜9:00-9:54、テレビ朝日系)の3時間スペシャルに林がゲスト出演。普段使う略語の正式名称を答える新クイズ「正式名称に戻しマス」を最初に体験する“スペシャル試しマス”の役割を担った林。全3問のラストの質問「OL」を、林は「OSSANS LOVE」と入力して正解。この出題にドラマファンから反響が寄せられた。

さらに、スピンオフドラマ「おっさんずラブ外伝」の放送もスタート。ドラマと映画の“間”を描くミニミニショートストーリーが展開。19日放送の第1話「黒澤武蔵編」は、会社のPR動画を撮っている春田(田中)たちだが、黒澤(吉田)はカメラが苦手なのか、ガチガチに緊張してしまうという物語だった。

スピンオフドラマは、テレビ朝日では情報番組「グッド!モーニング」(毎週月~金曜朝4:55-8:00)内で22日(木)まで4日連続で放送。関西地区や東海地区などでは放送日が別途設けられているほか、動画配信サービス「テレ朝動画」「TVer」「Abemaビデオ」「GYAO!」では無料配信も実施している。

2位「あなたの番です」(毎週日曜夜10:30-11:25、日本テレビ系)18865pt

8月18日に第17話の放送を終え、犯人考察がますます盛り上がっている。

第17話では、黒島(西野七瀬)のストーカーだった内山(大内田悠平)が、翔太(田中圭)、二階堂(横浜流星)、刑事・水城(皆川猿時)の目の前で絶命。その瞬間、彼の脇に置かれたパソコンから赤池夫婦(峯村リエ・徳井優)、児嶋佳世(片岡礼子)、浮田(田中要次)、甲野貴文(鈴木勝大)、翔太の妻・菜奈(原田知世)、刑事・神谷(浅香航大)の殺害を告白する動画が流れ始めた。

冒頭10分に及ぶこのシーンは、映像に殺害の経緯を捉えたものもあり、「ヘビーすぎ」「鳥肌がたった」といったコメントが続々と寄せられた。

そのなかで、神谷はアキレス腱を切られ、ビスを体に打ち込まれる拷問をされながらも、独自の捜査で得た情報を内山に話さないという、“刑事魂”を感じさせる最期が反響を呼んだ。

公式Twitterでは、19日に浅香と皆川が満面の笑みを見せているオフショットをアップ。浅香は自身のTwitterでこの投稿を引用しつつ、「神谷拷問殺害シーンの深夜撮影前に、個人的にわざわざ応援の連絡をくださいました、相棒、猿時先輩っ。(追伸、大好きです!)」とつづった。

オフでも仲良しぶりがわかるエピソードに、「素敵な裏話をありがとうございます」「ナイスコンビ」といった声が上がった。

3位「簡単なお仕事です。に応募してみた」(毎週月曜夜0:59-1:29、日本テレビ)4315pt

ジャニーズJr・Snow Manの岩本照、ラウール、渡辺翔太、目黒蓮がドラマ初主演している本ドラマ。19日放送の第5話は、同グループの阿部亮平がエキストラ出演した。

阿部の出演はYouTube「ジャニーズJr.チャンネル」とのコラボ企画により実現したもの。宮館涼太、佐久間大介と挑んだオーディションを経て、出演が決定した。

第5話は、レストランウェディングで新郎親族のサクラを務める“食事するだけの簡単なお仕事”に臨むことになったサルサ(岩本)、トリハダ(渡辺)、ワンちゃん(目黒)。モモ(ラウール)から渡されたプロフィールを暗記するが、新婦とその親族は全員、日本語もほとんど通じないルーマニア人だった。

カーテンから差し込む光から顔をそむけたり、ニンニクの匂いに激しく反応したり、と奇妙な反応をするルーマニアの一族に、トリハダは有名な怪奇伝説のことをサルサらに告げる。

阿部の出演シーンでは手に持っていたバッグにジャニーズJr.チャンネルのシールが貼られており、しっかりと宣伝を。ファンからは「シール目立ちすぎ」と笑いも巻き起こった。

webサイト「ザテレビジョン」の「視聴熱」ページでは、4~10位のランキングやバラエティーランキング、またウィークリーランキングも発表している。

※SNSや独自調査を集計した、今熱い番組を計る新指標

(ザテレビジョン)

最終更新:8/20(火) 17:15
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン38号
9月11日

特別定価:400円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事