ここから本文です

プレミア移籍市場“早期閉幕”は「大きな間違い」 トットナム指揮官が「問題解決」要求

8/20(火) 21:40配信

Football ZONE web

ポチェッティーノ監督、他リーグより早く閉まる移籍市場を問題視

 トットナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督は、プレミアリーグの移籍市場の閉幕が他の国より早いことを「大きな間違い」と考えており、「次のシーズンに向けて、この問題を解決すること」を望んでいるようだ。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じた。

 現在、欧州の各国は9月2日に移籍市場が閉幕するのに対し、イングランドは他の国より早く8月8日にウィンドウが閉まった。そのためトットナムのポチェッティーノ監督は、スペインへの移籍に熱心だと言われているデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンが最後の最後までチームを出て行く可能性を考えなければならず、難しい状況に置かれていると言える。

 この状況をよく思わないポチェッティーノ監督は、イングランドの移籍市場に対する自身の見解を明らかにしている。

「私は(移籍市場の早期閉幕の決定に)同意していなかったが、彼らはクラブにとって最善であると信じていた。だが、会長(ダニエル・レヴィ会長)と多くの人々は、それが大きな間違いであることを認識していると思う。次のシーズンに向けて問題を解決することを望んでいるよ。欧州の他リーグと同じような運営に戻る必要があると思う。欧州カップ戦に出場するチームは大変だからね」

 またポチェッティーノ監督は「私にとって常識的なことではないし、すぐに戻す必要がある。プレミアリーグが良い対話をすることで元に戻ることを願っているよ」とも語り、早期に移籍期間を戻すよう要求している。

 今季のプレミアリーグはすでに移籍市場が閉幕しているが、ここからチームを離れる選手は増えるのだろうか。

Football ZONE web編集部

最終更新:8/20(火) 21:40
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事