ここから本文です

Jクラブも獲得可能? 現在フリーの名手5人(1)。昨季のCLファイナリストに本田圭佑の名も!

8/20(火) 7:00配信

フットボールチャンネル

ヨーロッパ各国リーグの新シーズンが続々と開幕を迎えている。移籍市場も終盤に差し掛かりつつあるが、まだまだ所属先の決まっていない選手たちはたくさんいる。Jリーグも夏の移籍市場が8月16日をもって終わりを迎えたが、追加登録期間は9月13日までとなっており、現在フリーとなっている選手を加えることは可能だ。今回フットボールチャンネル編集部では現在フリーとなっている選手5人をピックアップした(市場価格は『Transfermarkt』を参照)。

日本サッカー界を牽引するレフティー

MF:本田圭佑(元日本代表)
生年月日:1986年6月13日(33歳)
市場価格:350万ユーロ(約4億円)
最終所属:メルボルン・ビクトリー(オーストラリア)
昨季リーグ戦成績:18試合出場/7得点5アシスト

 言わずと知れた元日本代表のレフティー。ワールドカップは2010年南アフリカ大会、2014年ブラジル大会、2018年ロシア大会に出場し、2大会で日本代表のベスト16進出に貢献するなど世界最高峰の舞台でその存在感を示し続けてきた。これまでに同国代表で残してきた成績は98試合37得点24アシスト。現在はカンボジア代表監督も務めるなど、まさにアジアのサッカー界を牽引している存在だ。

 名古屋グランパスでプロデビュー後、VVVフェンロ、CSKAモスクワ、ミラン、パチューカ在籍を経て昨季はオーストラリアのメルボルン・ビクトリーでプレーしていた本田圭佑。リーグ戦では18試合で7得点5アシストの成績を残すなどその実力を示したが、今年7月1日をもってフリーとなっている。東京五輪への出場に意欲を抱いていると言う本田は、欧州再挑戦の可能性も高いとされているが、未だ具体的な話は報道されていない。果たして新天地はどこになるのだろうか。

元フランス代表のテクニシャン

FW:ハテム・ベン・アルファ(元フランス代表)
生年月日:1987年3月7日(32歳)
市場価格:600万ユーロ(約7億円)
最終所属:レンヌ(フランス)
昨季リーグ戦成績:26試合出場/7得点2アシスト

 32歳となった元フランス代表FW。リヨンでプロデビュー後、その高度なテクニックを武器にピッチで大きく存在感を発揮し、レアル・マドリーやマンチェスター・ユナイテッドなどから興味を示されるなど、世界を代表する選手へと成長を果たした。その後、マルセイユ、ニューカッスル、ハル・シティ、ニース在籍を経て2016年にパリ・サンジェルマンに移籍を果たしている。

 しかし、同選手の獲得を希望した当時のローラン・ブラン監督がシーズン開幕前に解任。その後ウナイ・エメリが指揮官に就任したが、オーバーウェイトなどコンディション面が整わず、出場機会は限られた。翌シーズンはPSGがFWネイマールやFWキリアン・ムバッペを獲得したことにより、構想外となっていた。昨季はレンヌでリーグ戦26試合出場を果たすものの、7月1日をもって退団。現在、同選手にはラージョ・バジェカーノなどが関心を示していると言う。

1/3ページ

最終更新:8/20(火) 15:25
フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事