ここから本文です

歩くパワースポット、湘南乃風 SHOCK EYEさんの強運の秘密【スペシャルインタビュー】

8/20(火) 6:00配信

Book Bang

どちらかと言えばリアリスト、占いもあまり信じないほうだったというSHOCK EYEさん。ある日、占い師のゲッターズ飯田さんに「今まで何万人もみてきたなかで1位2位を争う強運」、さらには「歩くパワースポット」とまで言われ、SHOCK EYEさんを携帯の待ち受け画面にすると、「いいことが起こる」という現象に。『歩くパワースポットと呼ばれた僕の大切にしている小さな習慣』を緊急出版したのは、この現象に誰かを勇気づけられる側面を感じたからだった。担当編集の榎本明日香と、この本への思いを語る。

誰かの背中を押せればと、辛い過去も赤裸々に告白

榎本 今年の4月に発売した『歩くパワースポットと呼ばれた僕の大切にしている小さな習慣』ですが、先日6刷も決定して、まだまだ伸びています。この本はもともとSHOCK EYEさんから企画をいただいたんですよね。

SHOCK EYE はい。講談社の企画部でPRをしている黒田剛君が僕の10代からの友人で、彼に相談したのが最初でした。これまで僕は15年間、湘南乃風のSHOCK EYEとして音楽活動をしてきました。ある日、ゲッターズ飯田さんにすごい強運の持ち主だと言われて、「歩くパワースポット」と呼ばれるようになった。これは、うれしい反面、どこかその言葉だけが一人歩きしている気がしていたんです。それをきちんと自分の中で整理して、説明できる本を出したいなと。

榎本 お話をいただいて、すぐに「絶対やりましょう!」と言いました。私は以前、雑誌『FRaU』で占いや開運が好きな女性読者に向けたページを作っていたのですが、スピリチュアルに寄りすぎても読者は限られてしまう。SHOCK EYEさんには湘南乃風を通じてのファンもたくさんいらっしゃいますけど、もっと広く、新しい方々にも知ってもらえるような本になればと。占いが好きで、おしゃれも好き、生き方にはちょっと迷いがち……そんな多くの女性たちへ届けたいと考えました。もちろん男性にもですけどね。

SHOCK EYE 僕自身は、音楽もそうですけど、誰かの背中を押せればいいなという思いがずっとあったんです。僕の写真をスマホの待ち受けにした人から「いいことがあった!」と言われるようになったのも、最初は驚きましたが、それが誰かの背中を押せるポジティブスイッチになるなら、とてもうれしいことだなと感じるようになって。この本を僕の自己満足で作るような本にだけはしたくなかった。「みんなが幸せになる本にしないと意味がない!」と、内容については榎本さんや事務所のスタッフと何度も話し合いをさせてもらいました。僕の写真の袋とじ付録が入っていますが、僕には思いつきもしなかったアイデア。榎本さんが「絶対に入れたほうがいいです!」って提案してくれて。章立てやデザイン、紙の質感も絶妙です。

榎本 この「歩くパワースポット」という言葉がすごくパワーを持っているので、ふいに「なんだろう?」と手に取ってくださる方がきっとたくさんいるだろうと思ったんです。この本でSHOCK EYEさんに初めて触れる方も、すっと入れるような作り方を意識しました。この本では、ご自身のご提案で、幼少期の辛い経験や過去のことも今回思い切って明かしていただきましたけれども、その部分はじっくり読んでいただきたくて後半に入れています。

SHOCK EYE あの部分は結構ボリュームも割きました。この本には絶対に必要だと思って入れたんです。今はこうして「歩くパワースポット」と言われているけど、ずっと運良く幸せに暮らしてきたわけじゃない。いろいろ辛い経験もしてきたし、自分に自信も持てなかった。でもそれを乗り越えて今があるんだということを、しっかり伝えておきたかったんです。

榎本 読者からも、とても反響があった部分です。親との関係や、自分が親になって子どもとの関係で悩んでいる方からも、SHOCK EYEさんのお話にすごく勇気づけられた、この本を読んですごく前向きになれたという感想をたくさんいただいています。下は10代、上は70代後半の方からもお葉書をいただきました。

1/5ページ

最終更新:8/29(木) 19:43
Book Bang

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事