ここから本文です

明石商・狭間監督、精一杯のジョーク。「言われたのに風呂入ってしもうた」

8/20(火) 16:21配信

Number Web

 試合前、記者に囲まれた明石商の監督、狭間善徳の表情は疲れ切っていた。

 「(深夜)2時ぐらいに起きてから、寝てないんで……。選手を勝たせてやるためにも、できることはやらないかんので」

【秘蔵写真】星稜・奥川や花巻東・大谷のまぶしい笑顔、去年凄まじかった吉田輝星、ヤンチャそうな中田翔&森友哉、ゴツい平田に細い浅村らの大阪桐蔭時代。

 朝まで準決勝の対戦相手、履正社のチーム分析をしていたのだという。

 「3時間ぐらいは寝たかな。でも嫌な夢ばかりみとった。いつもそうなんですよ。負けた夢とか、目を瞑ったまま車を運転してて『目を開けな! 』って目が覚めるとか。昨日はどんな夢だったか覚えてないけど、起きた時、嫌な夢だったな……と」

 履正社はここまで4試合、いずれも二桁安打を記録していた。

 「想像以上のバッティングでしたね」

 だが、時間をかけた甲斐はあった。

 「近畿大会の映像はネット裏から撮っていたんですけど、甲子園はセンターから撮ってた。そうしたら、おもしろいことがわかったんですよ」

 ただ、「おもしろいこと」とは、履正社のエース左腕・清水大成に関することだった。この日の先発は、意外にも、今大会初先発となる背番号17の2年生の岩崎峻典だった。完全に読みが外れた。

 明石商は準々決勝までの3試合で、三振の数は4個、4個、5個。2ストライクに追い込まれるとノーステップ打法に切り替え、三振しない粘り強い打線が売りだったが、岩崎にはじつに10三振を喫してしまった。

 「2ストライクからのバッティングが思ったようにできなかった。三振10個ではきついですね。清水君がきたら、策はあったんですけど。こんなに三振してないです」

「今が絶頂期です」とおどける。

 頼みのエース中森俊介が初回に4失点したことが最後まで響き、明石商は1-7で敗れた。

 甲子園のお膝元であり、強豪ひしめく兵庫県で、明石商は、昨夏からこの夏まで3季連続で甲子園出場を果たした。狭間はこうおどける。

 「兵庫県で3季連続なんて、奇跡ですよ。今が絶頂期です」

 履正社に敗れ、球場を去るとき、狭間は改めて球場を見渡したという。

 「もう、これで最後かなと。この景色も見納めだなと思って」

 半分は冗談、半分は本音だった。

1/2ページ

最終更新:8/20(火) 16:46
Number Web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sports Graphic Number

文藝春秋

986号
9月12日発売

本体630円+税

桜の出陣。
ラグビーW杯大特集 日本代表、ベスト4への道

【別冊付録】 出場20チーム完全選手名鑑

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい