ここから本文です

大島康徳が苦しみ抜いて2000安打を達成(1990年8月21日)

8/21(水) 7:05配信

週刊ベースボールONLINE

 プロ野球の歴史の中から、日付にこだわってその日に何があったのか紹介していく。今回は1990年8月21日だ。

 日本ハムの大島康徳にとって、これほど一塁ベースまでの27.43メートルが長く感じられたことはなかっただろう。

 打った瞬間、誰の目にも疑いのなかった鮮やかなヒット。まるで高峰に登り詰めた登山者のように一塁ベースを踏みしめて立つ大島は、夢心地で「2000本安打達成」のアナウンスを聞いていた。

 それにしても“あと2本”が遠かった。「記録なんか意識していないよ」という大島の言葉とは裏腹に、8月15日に“あと2本”として以来、大島のバットはすっかり快音を失っていた。

 21日、オリックス戦(西宮)の第1打席に右飛に倒れ、11打席ノーヒット。近藤貞雄監督の気配りで、一番に座っている。「もう疲れちゃったよ」とタメ息をついた矢先の第2打席、ようやく1999本目の安打が飛び出した。

 そして――。

 大島にとっては忘れられない第4打席、1ボール1ストライクから佐藤義則の投じたストレートは、きれいにセンター前へと弾き返された。プロ入り22年目、39歳10カ月。当時史上最年長の、そして2290試合目と史上最長の名球会入りの瞬間だった。

写真=BBM

週刊ベースボール

最終更新:8/21(水) 7:05
週刊ベースボールONLINE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ベースボールONLINE

株式会社ベースボール・マガジン社

野球専門誌『週刊ベースボール』でしか読めない人気連載をはじめ、プロ野球ファン必見のコンテンツをご覧いただけます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事