ここから本文です

西武・高橋光成 本当に信頼されるスターターへ/先発投手の誇り

8/21(水) 12:01配信

週刊ベースボールONLINE

「8回、しっかり締めなければならないところを大量失点してしまい、チームに申し訳ない気持ちでいっぱいです」

 チームトップの9勝目を挙げながら、反省の言葉ばかりが並んだ。8月17日のソフトバンク戦(ヤフオクドーム)に先発した西武の高橋光成。味方打線が相手エース・千賀滉大から2回に一挙9点を奪うなど13点の大量援護に守られながら、7回まで無失点の力投を見せた。

 しかし、8回。一死から今宮健太に左翼席へアーチを運ばれると、続く福田秀平、上林誠知に連打を浴び、牧原大成は一塁ライナーに打ち取るも長谷川勇也には四球で二死満塁のピンチを招く。ここで踏ん張りたいところだったが、周東佑京には一塁への2点適時二塁打、二死二、三塁となり、明石健志には右翼席へ3ランを叩き込まれ、計6失点。無念の降板となってしまった。

 この試合、13対8で勝利し、2位の西武は首位・ソフトバンクに4ゲーム差に迫ったが、もし高橋光がタカ打線を9回までゼロに抑えていたら、チームの勢いは加速していただろう。ソフトバンクとの2戦目、3戦目は4対5、1対2と惜敗してゲーム差は6に開いてしまったが、この結果も違ったものになったかもしれない。

 今春はB班キャンプからのスタートだったが、自らの手で開幕先発ローテーションの座をつかみ取った。一昨年負った肩の故障に長く苦しんできたが、その間、体のメカニックを初めてしっかりと学び、再発の恐怖とも闘い、乗り越えてきた。

 また、昨オフには自身の経験を基に常に助言を送ってくれた菊池雄星(マリナーズ)と自主トレを行い、「意志が弱い」と指摘を受けた。周囲に流されやすい己の短所と向き合い、改善を決意。そうした要素の一つひとつが相乗効果を生み、自己最多の9勝につながっているが、防御率は4.49と合格点にはほど遠いなど、まだ乗り越えなければいけない壁がある。今季、残り少ない試合の中で本当に信頼される先発となる。

写真=BBM

週刊ベースボール

最終更新:8/21(水) 17:16
週刊ベースボールONLINE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ベースボールONLINE

株式会社ベースボール・マガジン社

野球専門誌『週刊ベースボール』でしか読めない人気連載をはじめ、プロ野球ファン必見のコンテンツをご覧いただけます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事