ここから本文です

AKB48全国ツアー神奈川公演を開催、昼夜2公演で怒涛の汗だくパフォーマンス【写真17点】

8/21(水) 6:15配信

エンタメNEXT

8月20日(火)、AKB48が約4年ぶりとなる単独での全国ツアー「AKB48全国ツアー2019~楽しいばかりがAKB!~」の神奈川公演を、カルッツかわさきにて開催した。

【写真】誕生日メンバーへのサプライズも、全国ツアー神奈川公演の写真【17点】

7月7日(日)NHK大阪ホールを皮切りにスタートしたAKB48の全国ツアー。神奈川公演は昼夜2公演が行われ、昼公演にはチームBが、夜公演にはチーム4が出演した。

昼の部・岩立チームBとして初めてとなる全国ツアーは、キャプテン岩立沙穂の出身地・神奈川県。柏木由紀の「私たちチームBと一緒にいっぱいいっぱい盛り上がっていきましょう!」という掛け声から、7曲連続のパフォーマンスに汗だくのメンバー。

福岡聖菜は「神奈川生まれ神奈川育ちなので本当に嬉しいです! チームBは先輩後輩関係なくわちゃわちゃしてるので、今日はファンの皆さんもチームBの一員になった気分で盛り上がっていきましょう!」と今日の意気込みを語り、会場のファンを盛り上げた。

ユニットコーナーでは、大盛真歩が「今日はみなさんをメロメロにしちゃいたいと思います!」とソロで「わるきー」を披露。続いて神奈川県出身の岩立沙穂、久保怜音、福岡聖菜の3人で「ロマンス・プライバシー」をパフォーマンス。

恒例となった撮影コーナーやゲームコーナでのファンとの交流も大いに盛り上がり、あっという間に本編ラストスパート。アンコール明けは王道チームB楽曲の「遠距離ポスター」「シアターの女神」でファンの熱気も最高潮に。

岩立から今日のコンサートの感想を聞かれた吉川七瀬は「コンタクトが曇るくらいみなさんの熱気を感じて、今日のことは一生忘れません!」と天然っぷりを発揮。そして岩立は「みんなで楽しく、そして時にはお互い刺激しあって、もっともっと輝いていけるようなチームにしていきたい」とキャプテンとしての意気込みを語り、岩立チームB初の全国ツアーは幕を閉じた。

チーム4夜公演ではサプライズも

夜の部・村山チーム4は、「チューしようぜ!」「初恋ダッシュ」で会場を温めると「走れ! ペンギン」でファンは一気にヒートアップ。黄色のペンライトが揺れる中「ハートの脱出ゲーム」「チーム坂」「LOVE 修行」など歴代チーム4楽曲などのレパートリーでボルテージはMAXに。

ユニットコーナでは、岡田奈々と佐藤七海の妖艶な「I’m sure」でファンを釘付けにし、村山彩希や永野芹佳、大森美優、佐藤妃星、高岡薫で「野蛮な求愛」をダンサブルにパフォーマンスするなどチーム4の個々の持ち味を惜しげもなく表現した。

途中MCではキャプテン村山が研究生に、超高難度な振付の「NO WAY MAN」を1.7倍速で躍らせるも、一振りもできない結果に。一方、急に振られた佐藤妃星と高岡薫は完璧に踊りきり、会場から盛大な拍手を送られた。

またゲームコーナーでは、ライブ前日が誕生日の多田京加、ライブ当日が誕生日の濱咲友菜(※「濱」は俗字が正式表記)に、メンバーとファンからのサプライズが。聞かされていなかった二人は動揺しつつも「ゲームを真剣にやるつもりだったのに、こんなことが起こるなんて素晴らしくありがとうございます」と語り、キャプテン村山からは「2人にとってこの1年が幸せでいっぱいになるように」と祝福の言葉を贈られた。

アンコール明けは、「夢力」や岡田センターでの「ジャーバージャ」で会場を盛り上げ、キャプテン村山が「もっと色んな場所でチーム4がコンサートできるようにこれからもパワーアップしていきますので、これからも応援よろしくお願いします!」と挨拶し、今回のツアー共通のラストソング「君と虹と太陽と」で幕を閉じた。

来週8月31日(土)には、福岡・福岡サンパレス ホテル&ホールにて、ツアー選抜のコンサートが開催される予定。

月刊エンタメ編集部

最終更新:8/21(水) 6:15
エンタメNEXT

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事