ここから本文です

ミシュラン星シェフ、ジャン・ジョルジュ本人の料理が東京で味わえる!

8/21(水) 19:30配信

Casa BRUTUS.com

ミシュランガイド東京版で5年連続星を獲得する、ニューヨーク発のモダンフレンチレストラン〈ジャン・ジョルジュ トウキョウ〉。ニューヨーク本店のオーナーシェフであるジャン・ジョルジュの来日を記念して、9月13日と14日の2日間限定で、本場のシェフが持てなす贅沢なひとときを味わえる。

〈ジャン・ジョルジュ〉は2005年からニューヨークで14年連続ミシュランガイドの星を獲得し、ニューヨークタイムズでも最高評価の4つ星を受けるモダンフレンチレストラン。アメリカに26店舗、日本を含めイギリス、フランス、シンガポールなど世界11ヵ国に13店舗展開し世界の美食家たちを魅了する人気店だ。

フランス三ツ星レストラン〈ロアジス〉やバンコクの〈オリエンタルホテル〉、シンガポールの〈マンダリンホテル〉などで経験を重ねるうちに、東アジアの香りや味に魅せられたジャン・ジョルジュ。一般的な肉のブイヨンやクリームを使わず、野菜の水分やフルーツのエッセンス、ハーブのビネグレットソースなどを使い、強烈な風味と食感を創り出した。アジアのスパイスのほかに、生姜・ワサビ・柚子・出汁など、日本の食材を取り入れ、素材の温度にこだわっているのも特徴のひとつ。そんな彼が作るスパイスやハーブをアクセントにしたモダンフレンチは、これまでのフレンチの常識を覆し、世界中に衝撃を与えている。

今回は、ジャン・ジョルジュの来日を記念し、9月13日のディナーと14日のランチ・ディナーの2日間に限り、彼自身がキッチンに立ち料理をふるまうという。五感で楽しむ本場の彼の世界観を堪能する貴重なチャンスだ。

text_Tomomi Kato

最終更新:8/21(水) 19:30
Casa BRUTUS.com

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事