ここから本文です

バイクの「トラクションコントロール」とは? いまやスポーツバイクの必需品!【現代バイク用語の基礎知識2019】

8/21(水) 0:16配信

webオートバイ

トラコンは、走る楽しみを広げるライダーサポートシステム

【主な機能・効果】

1.安全性、安心感の向上

2.滑らかで効率的な走りをサポート

発進時や加速時のリアタイヤの空転を検知、抑制し、安全性や安心感の向上に大きく貢献するトラクションコントロール。いまや、高性能スポーツモデルを安心して走らせるのに欠かせないシステムとなっている。

国産市販車で初めてトラクションコントロールを採用したのは、1997年に発売されたヤマハの2スト・トレールモデル「ランツァ」。燃料タンク下に置かれた8ビットマイコンがエンジンの回転上昇率を監視し、リアタイヤの空転によってエンジン回転数が一気に上昇した場合に、点火タイミングを遅らせて空転を抑えるシステムだった。当時としては画期的なシステムではあったが、ある程度のリアタイヤの空転を許容する必要のあるオフロード車ということもあり、その恩恵を明確に体感できるものではなかった。

その後、2000年代に入ってFI化とABSの普及が進むと、現在と同じ前後ホイールの回転差を検知して、点火タイミングや燃料噴射量、スロットルバルブ開度で滑りを抑制するシステムが登場する。2008年型のカワサキNinja ZX-10Rや2009年型ドゥカティ・スーパーバイク1198S、2010年型BMW・S1000RRが採用して第一歩を踏み出す。

そして、2011年のアプリリア・RSV4ファクトリーAPRCにIMUを組み合わせたシステムが登場し、バンク角も考慮した現代のトランクションコントロールシステムへと進化した。

パワーモードやライディングモードを補完して、怖くてコーナー立ち上がりでアクセルが開けられないというハイパワーモデルのネガを解消し、転倒を未然に防ぐシステムとしてニーズが高まっているトラクションコントロール。

現在では、安全性を高め、滑らかな発進や加速をサポートすることを主目的とした比較的シンプルなタイプと、IMUからの情報を基にして他の制御システムと緻密に連携させ、速く走ることまでサポートするタイプに両極化してきている。

webオートバイ編集部

最終更新:8/21(水) 0:16
webオートバイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事