ここから本文です

『AKIRA』の新アニメ化プロジェクトに、世界のファンが熱狂する理由

8/21(水) 8:11配信

WIRED.jp

1988年公開のアニメーション映画『AKIRA』を初めて観たのは、15歳のときだったと思う。夜遊びをして家に帰ってきたとき、友人が「おかしなやつがつくった最高に病的な」映画を観ようと言い出した。大友克洋というその男は、友人によると「10,000色の微妙に異なる色調の色が必要だと主張して、制作会社を破産に追い込んだ」のだという。友人は興奮しながら、とにかく観てみるべきだと繰り返した。

Netflixの新作群に、世界で熱狂的に支持される日本の「オタクカルチャー」の真価を見た

実際に映画で使われた色は300色余りで(それでも驚くべきことには違いない)、作品が大ヒットしたおかげで制作会社は最終的に利益を出している。つまり友人の話の細部は間違っていたわけだが、核心的な部分は正しかった。

AKIRAは過去最高のアニメであり、インスピレーションを求め、細部に異常なこだわりがある作品を好む映画ファンにとっては、傑作の代名詞となっている。そして7月にロサンジェルスで開催された「Anime Expo 2019」では、アニメ制作会社サンライズと大友自身による新作とAKIRAの新アニメ化プロジェクトが明らかにされ、話題をさらっている。

緻密な風景描写

AKIRAはサイバーパンクそのままの雰囲気を醸し出す「ネオ東京」を舞台にした物語だ。ネオ東京の緻密な風景描写は有名で、背景に立ち並ぶ高層ビル群の窓は、セル画ではわずか0.5ミリメール程度の大きさだったという。

主人公の金田と友人の鉄雄は反抗的な10代の少年で、暴走族の仲間たちとバイクを乗り回している。映画には、ほかにも「ナンバーズ」と呼ばれる3人の皺だらけの子どもたちが登場する。彼らには予知能力があり、軍(アーミー)がこれを利用している。金田と仲間たちは、この子どもたちを巡るアーミーとの争いに巻き込まれることになる。

AKIRAはテクノロジーや核戦争の恐怖、思春期に特有の反抗、過去のトラウマといったテーマを中心に展開する。なお、このほどNetflixで放映が始まった『新世紀エヴァンゲリオン』はAKIRAの影響を受けており、同じようなテーマが描かれている。

AKIRAの原作は、1982年から90年にかけて『週刊ヤングマガジン』に掲載された同名の連載漫画だ。イースト・アングリア大学の講師でアジアのメディアカルチャーを専門にするレイナ・デニソンは、「日本では通常、漫画は雑誌に月1や週1、隔週といった頻度で掲載されます。1回の長さはたいていが26ページです」と話す。

「AKIRAが特徴的なのは、連載をまとめた単行本が通常の小さな判型ではなく、大型コミックとして発売されたことです。漫画雑誌と同じB5判で、細部の描写がよくわかるようになっていました」

1/3ページ

最終更新:8/21(水) 8:11
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.34』

コンデナスト・ジャパン

2019年9月13日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.34「ナラティヴと実装」社会実装の可能性を探るべく、2020年代の実装論を総力特集

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事