ここから本文です

『007』をテーマに、ジョー・ジョナス&ソフィー・ターナーがバースデー・パーティを開催!

8/21(水) 18:25配信

ハーパーズ バザー・オンライン

 どうやらジョー・ジョナスとソフィー・ターナーは、ペーパーハットはやめて、ブラックタイスタイルでキメたようだ。
 先週、30歳になったジョーは、18日に投稿したインスタグラムの写真で、続々と誕生日のお祝いイベントの様子を披露。プレ・パーティーの様子や、妻や兄弟、他のゲストがフォトブースで撮ったモノクロ写真をスライドショーで見せた。

【画像】ソフィー&ジョーの愛の軌跡をプレイバック

「僕のために、ボンドがテーマの最高に壮大なバースデー・パーティを開いてくれてありがとう」と、キャプションでソフィーに感謝の言葉を書いたジョー。「乾杯する前の写真を何枚か見せよう」

1枚目の写真では、ターナーがボンド・ガールのように洗練されたルック(もちろん、あの肩に手をかけたポーズで)を披露した一方、ジョナスはカメラに向かって感情を押し殺したような表情で。とはいえ、そんな彼の物腰の柔らかさは、兄弟の登場とともにメルトダウンし、完全におどけたムードに。次の写真では、お茶目に口を固く結んだスマイルを見せている一方、ニックとケヴィンが兄弟愛で彼を両側からサンドイッチしていた。

また、友人のクリス・ウリーナやマイク・ディリーサ、リチャード・チャイ、ジャック・ローレス、エミリオ・ヴィトーロなども会場に姿を見せていた。

そして、妻のターナーも自身のインスタグラムで夫の誕生日をお祝い。“Happy Batday Birthman“とジョークし、007のように粋なルックの2人の写真にキャプションした。ジョナスが白のタキシードをこなしていた一方、ターナーは深くスリットが入ったアレクサンドル・ボーティエのスリークなフロアレングスのドレスをまとっていた。

Translation: Mitsuko Kanno from Harper's BAZAAR.com

最終更新:8/21(水) 18:25
ハーパーズ バザー・オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ハーパーズ バザー

ハースト婦人画報社

2019年10月号
2019年8月20日発売

特別定価:700円(税込)

1867年にNYで誕生した世界初の女性
ファッション誌『ハーパーズ バザー』。
厳選された情報を美しいビジュアルと
ともに発信しています。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事