ここから本文です

【超希少なS203も200万円で!?】 インプレッサWRX STI が最強の狙い目中古車になっている事情

8/21(水) 11:02配信

ベストカーWeb

 スバル最強のEJ20型ターボエンジンを搭載し、WRCで輝かしい成績を残したインプレッサWRX STIの中古車が、今かなり狙い目の選択肢となってきている。

 インプレッサWRX STIは、3代目モデルの途中からWRX STIを名乗り、現在ではインプレッサとは別車種に独立。スバルの最高性能モデルとして君臨している。

 が、WRX STIは“インプレッサ時代”の歴代中古車もかなり出色の存在だ。相場は200万円以内が中心となっていて、この価格でさまざまな個体を選択可能。

 200万円以内で買える車としては新車も含めて、ある意味最強の選択肢といえるかもしれない。

 そこで、本稿では2代目、3代目モデルを中心にその最新情報をガイド。年式が進んでいるので、こういったスポーツカーの中古車購入術も合わせて紹介したい。

2代目インプレッサSTIは“涙目”と“鷹目”が中心

 インプレッサWRXは1992年に初代モデルがデビューしているが、さすがにこのモデルはもう流通台数が少ない。

 そこで、今回は根強い人気を誇る2000年~2007年まで販売された2代目と2007年から2014年まで販売された3代目にフォーカスを当ててみたい。

 まず、2代目から。この世代のモデルは2000年~2002年までの“丸目”、2002年~2005年までの“涙目”、そして2005年~2007年までの“鷹目”と3種類のフロントマスクがあり、それぞれ人気が高くなっているのが特徴だ。

 現在、2代目インプレッサWRXの中古車の流通台数は約225台で、3カ月前は約270台だったので、減少傾向となっている。

 そして、中古車の平均価格の推移を見てみると、3カ月前の時点が約127万円で現在が約130万円と緩やかながら値上がり傾向となっている。

 中古車の流通台数の分布を見てみると、2000年~2002年までの“丸目”は約44台、2002年~2005年までの“涙目”が約91台、そして2005年~2007年までの“鷹目”が約90台という割合になっており、“涙目”と“鷹目”が主流となっている。

 3モデルそれぞれ最も流通台数の多い年式の平均価格の推移を見てみると、“丸目”は3カ月前、今月ともに約94万円で横這い。

 “涙目”は約128万円から約140万円と値上がり、“鷹目”は164万円から153万円へと値落ちとモデルによって値動きが分かれている。

 “丸目”はすでに底値に達していて安定傾向。“涙目”は高額な物件が登場するようになり相場が値上がり傾向。そして、“鷹目”は高額な物件が少なくなり、値落ち傾向となっているのだ。

 同じ世代のモデルであっても2代目インプレッサWRX STIはそれぞれにファンがいて、なかでも2003年にWRCでタイトルを獲得した“涙目”の人気は高いことがデータから読み取れる。

1/2ページ

最終更新:8/21(水) 11:02
ベストカーWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事