ここから本文です

スポンジに切れ目を入れるだけ!家事の動作が減る裏ワザ

8/21(水) 21:10配信

ESSE-online

女性が家事に費やす時間は、1日3時間半といわれています(総務省統計局 平成28年社会生活基本調査)。どうにか短くしたいもの。

じつはちょっとした工夫で、ムダな手間をぐっと減らすことができます。ライフオーガナイザーの下村志保美さんが提唱する「ワンアクション家事」について詳しく教えていただきました。

手間を減らして時短に!ワンアクション家事のすすめ

●スポンジは切り込みを入れて引っ掛け収納に!

毎日使うキッチンスポンジですが、意外と置き場に困るもの。備えつけのラックがいっぱいだけど、新たにラックは買いたくない…そんなときは、直接スポンジを引っかけるようにすればいいのです。

スポンジにカッターで1か所切り込みを入れるだけ。

これで冒頭の写真のように、ラックに引っかけることができます。

簡単にできて水ぎれもいい。ラックを増やさないのでシンクも狭くなりませんし洗いやすい。ラックを洗う必要もありません。
外れやすい吸盤つきのスポンジラックや、ヌルヌルしがちな置き型のスポンジラックを買わなくてすみます。

●保存容器は裏返すだけで中身がわかる!

保存容器を野菜室に置くとき、当たり前のようにフタを上向きに置いていませんか?
フタが透明でない場合は中になにが入っているか、フタをあけたりひっくり返さないとわかりません。

いちいちなにがはいっているのか確認するにも保存容器の数だけ手間がかかります。

なにが入っているかわからないと使い忘れてしまったり、ダブり買いをしてしまったりと「もったいない」が起こりがち。

中身の入れ替わりが多いタッパーにいちいちラベリングするのも手間がかかるし、テープももったいないですよね。

タッパーを野菜室に入れるとき、汁が出ないものであれば、最初から裏返して入れたらどうでしょうか?

中身は一目瞭然。
残量もわかるので使い忘れがありません。

野菜室をあけたら一目でわかるので、主婦が不在でも家族が自ら野菜を食べてくれるようになります。

1/2ページ

最終更新:8/21(水) 21:10
ESSE-online

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ESSE

扶桑社

2019年9月2日発売号

¥558

『ESSE(エッセ)』は生活情報誌。家事、節約、収納、レシピ等のニュースを配信中!
(9月号は特別定価558円)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事