ここから本文です

オフィスの28℃設定、ビジネスパーソンの6割が「暑い」と感じていた!

8/21(水) 18:32配信

@DIME

8月に入り、うんざりするほど暑い日が続く。通勤時、家を出て会社へ着くころにはワイシャツが汗でベットリ……なんて人も少なくないだろう。

では、そんな夏の暑さと戦うビジネスパーソンは、オフィスのエアコンにおける設定温度を何度なら適温と感じ、また、クールビズについてどのような認識を持っているのだろうか?

そこで今回、オフィスで働く20代~60代のビジネスパーソン男女1,000名を対象にした、「夏のオフィス環境」に関するアンケート調査が行われたので、早速、その結果を紹介していきたい。※グラフありの元記事は下記同タイトルをクリックすることで見ることができます

冷房の設定温度は低下傾向を示す!
オフィスのエアコンの設定温度(冷房時)は26℃が最も多く(21.4%)、次いで25℃(18.0%)、28℃(17.0%)の順となった。また、2016年からの調査では設定温度が低下傾向にある。

Q1.夏場、あなたが勤めるオフィスの冷房の設定温度は、通常何℃に設定しているか?



28℃設定は 58.8%が“暑いと感じている”!
28℃設定では、約6割(58.8%)が “暑い”と感じていた。また、28℃を基準に温度が下がるほど男性は“ちょうど良い”が多くを占め、女性は“寒いと感じる”ことが多いという結果となった。

Q2.夏場、あなたが勤めるオフィスの冷房の設定温度は、どのように感じることが最も多いか?



83.4%(男性83.6%、女性83.2%)が一年中のクールビズを希望!
83.4%が、「クールビズ」で取り入れられている”ノーネクタイ”や”ノージャケット”等の衣服の軽装やビジネスカジュアルは、期間限定ではなく年間での実施を望んでいる結果となった。

Q3.「クールビズ」で取り入れられている”ノーネクタイ”や”ノージャケット”等の衣服の軽装・ビジネスカジュアルは期間限定ではなく TPO に応じながら”一年を通して”世間一般で広く実施したほうが良いと思うか?





オフィスでアイスクリームを食べるのは30代まで!
自分の席で“飲食で暑さをしのぐ”層が多いのは30代の男女だった。特に「アイスクリーム等を食べる」では、30代までと40代以降で回答の違いが鮮明となった。

Q4.夏場、あなたが勤めるオフィスの自席で快適に過ごすために、これまで個人で行ったことがあることは何か?(複数回答)n=1,000



6割以上が天気予報の「平年並み」の意味を知らない!
テレビや新聞などの天気予報で気温の紹介をする際に使われている「平年並み」の意味を61.8%が「知らなかった」と回答した。

Q5.天気予報などで、気温の紹介をする際に「平年並み」とよく使われるが、意味を知っていたか?



20代男性の6割が日傘利用に意欲あり!
20代男性が暑さ対策として、通勤時や外勤時に“日傘”を「使うことがある(32.0%)」、「使ってないが今後使おうと思っている(28.0%)」と回答。男性の各世代の中で最も高い利用傾向を示す結果となった。

Q6.暑さ対策として通勤時や外勤時に日傘を使うことはあるか? また、現在日傘を使っていない理由を何か?



『調査実施概要』
◆調査手法:WEB調査
◆調査機関:ジャストシステム
◆実施日時:2019年7月1日~5日
◆調査対象:オフィス勤務者
◆対象内訳:20代~60代の男女各100サンプル(合計1,000)

出典元:三菱電機ビルテクノサービス株式会社

構成/こじへい

@DIME

最終更新:8/21(水) 18:32
@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2019年11月号
9月14日発売

定価980円

スマホ激変!
キャッシュレス決済 最終案内
グルメな調理家電&ツール39
特別付録 デジタルスプーンスケール

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事