ここから本文です

【モテクリエイターゆうこす】やりたいことを全部やるために、スケジュール管理で気をつけている3つのこと

8/21(水) 19:10配信

with online

さまざまなSNSに動画配信、イベント、書籍出版などなど、ゆうこすさん(菅本裕子さん)の発信を見ていると、1日に時間がいくらあっても足りないのでは……と思うほど。忙しい毎日、いったいどうやって時間管理をしているんですか? ゆうこすさん、教えてください!

自分でやらなくていいことは、やらない!

私、すごく驚かれるのですが、毎日しっかり8時間は寝るようにしているんですよ。しっかり眠ってこそ、がんばれるから。

寝る時間もしっかり確保しつつ、やりたいことを全部やるためには、やっぱり時間管理が大切。

ポイントは3つあると思っています。

まず1つめが、「自分でやらなくていいことは、やらない」。

仕事に少しでも集中できるように、家事は、家事代行にお任せしています。最近、いろいろな家事代行サービスがありますよね。それと、最近、社員を増やして仕事を分担するようにしています。

限られた時間のなかでやりたいことの時間を確保するために、「自分がやるべきこと」と「自分がやらなくていいこと」をしっかり分けてみることが大事だと思います。

そして2つめが、「自分が何にどのくらい時間がかかるのかを、把握する」。

仕事が遅い人にありがちなのは、仕事をするスピードが遅いわけではなくて、単に「自分がどのくらいの時間がかかっているか、把握できていないだけ」だと思います。1時間でできると思いこんでいると、実際は2時間も3時間もかかってしまったり(笑)。

私も昔そうだったので、YouTubeの編集一つをするにしても、「どれくらい時間がかかるのかな?」と、一度全部調べてみました。

何にどれくらい時間がかかるかがわかったので、スケジュールがめちゃくちゃ組みやすくなりました。「ここが30分空くから、30分でできるあの仕事をしよう」という具合にパズルのように当てはめていけるんです。

意識的に「暇な時間」をつくっておく

私はやりたいことを、iPhoneのメモ帳に箇条書きで書いています。「今日やること」「1か月以内にやること」「毎日寝る前にチェックすること」といった具合です。

そして、終わったら消していく。消す瞬間って、ゲームをクリアするような感じで、快感ですよね。

そして最後の3つめが、意識的に「毎週何曜日のこの時間は、暇な時間をつくっておく」。この時間は何も予定を入れません。

どうしてもできなかった仕事や用事があったら、それをまとめてする時間にする。そうすれば、やりたいことを全部終えられるんです。

1/2ページ

最終更新:8/21(水) 19:10
with online

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事