ここから本文です

ジュリアン・ムーア、渡辺謙、加瀬亮が共演 『ベル・カント とらわれのアリア』11月公開決定

8/21(水) 11:10配信

リアルサウンド

 映画『ベル・カント とらわれのアリア』が11月15日に全国公開されることが決定し、ポスタービジュアルが公開された。

 本作は、Amazonベスト・ブック・オブ・ザ・イヤーに輝いた、テロリストと人質の予期せぬ交流を描いた作家アン・パチェットのベストセラー小説『ベル・カント』を映画化したもの。1996年にペルーで起きた日本大使公邸占拠事件からヒントを得て製作された。

 『アリスのままで』でアカデミー賞主演女優賞を獲得したジュリアン・ムーアが世界的なオペラ歌手のロクサーヌ・コスに扮し、同賞にノミネートされた『ラスト サムライ』以来国際的に活躍し、ミュージカル『王様と私でトニー賞にノミネートされた渡辺謙が崇拝するコスを守ると共に、独自の美学を貫く実業家のホソカワを演じた。そしてホソカワの通訳を務めるゲン役に加瀬亮が抜擢され、日米キャスト3人が共演した。

 監督は、脚本も手がけた『アバウト・ア・ボーイ』でアカデミー賞脚色賞にノミネートされたポール・ワイツ。「私にとっての鍵は、脚本をジュリアン・ムーアに送り、彼女に私と一緒にこの映画を作りたいと思ってもらうことだった」とキャスティングを振り返る。さらに、「渡辺謙には素晴らしいユーモアのセンスがあり、物腰に気品がある。この映画のほとんどで、彼から目が離せないだろう」と高く評価。ほかにも『ブリッジ・オブ・スパイ』のセバスチャン・コッホや『ヒトラーと戦った22日間』のクリストファー・ランバートらベテラン俳優が出演した。さらに、ジュリアン・ムーア演じるオペラ歌手の吹き替えを、オペラ歌手、ルネ・フレミングが担当している。

 公開されたポスタービジュアルには、オペラ歌手ロクサーヌ、実業家のホソカワ、さらに通訳ゲンが並び、「彼らの運命は、その女神のような歌声に託された―。」というコピーが配された。

リアルサウンド編集部

最終更新:8/21(水) 11:10
リアルサウンド

記事提供社からのご案内(外部サイト)

リアルサウンド

株式会社blueprint

音楽と映画を対象とする総合カルチャーサイトです。各ジャンルのニュースから、第一線のライターによる作品レビュー、業界分析記事まで、多彩な記事をお届けします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事