ここから本文です

「いつもの服がなんだかしっくりこない……」と思ったら、“自分本位なおしゃれ”へ進むチャンスです!|これまでの服が似合わなくなったら

8/21(水) 6:05配信

幻冬舎plus

山本あきこ (スタイリスト)

8月22日に発売になったスタイリスト・山本あきこさんの新刊『これまでの服が似合わなくなったら。』は、「いつもの服がなんだかしっくりこない…」と悩む方必読!「着たいものを自分に似合わせていく」ためのテクニックが満載の1冊から、今すぐ出来るおしゃれのあれこれをご紹介します。*   *   *

これまでの服が似合わなくなったら、むしろ自分を見直すチャンス

「今まで着ていた服が、しっくりこなくなった」
「服はたくさん持っているのに、今日、着ていく服がない」
「どんな格好が、年齢相応のおしゃれなのかわからない」
「残りの人生、このままのファッションでいいのかな……」

これらは、私がファッションコンサルティングをしてきた大人の女性のみなさんから、よく聞くお悩みです。多くの方が漠然と、「なぜか最近、これまでの服が似合わなくなった」と感じているようです。

でも、このような悩みを感じ始めた人は、実はラッキーな人! なぜなら、これまでの服が似合わなくなったということは、自分自身を見つめ直すチャンスだからです。

20代はがむしゃらに生き、30代で変化が生まれ、そして迎える40代。
40代は女性にとって、自分の軸を作り、自分を見つめていく時期だと、私は思っています。
“自分軸”がある人は、どんな環境でも芯がブレないし、ファッションにも余裕が生まれます。そして、女性は、自分が向かいたい道に正直になれたら、どんどん美しくなっていきます。

1万人以上のスタイリングをしてきた経験から感じるのは、40歳前後は、ますます素敵になっていく人と、そうではない人の大きな分かれ道だということです。
この時期にファッションを見直すことは、自分自身に向き合い、自分を大切にし、そして自分を好きになることにもつながります。

この本は、そんな大人の女性に、もっとファッションを楽しんでほしい、そしてもっと人生を楽しんでほしいという気持ちをこめて書きました。

1/4ページ

最終更新:8/21(水) 6:05
幻冬舎plus

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事