ここから本文です

浜崎あゆみの自伝的小説『M』を読んだ元ファンとして思うこと

8/21(水) 16:30配信

webマガジン mi-mollet

何を隠そう、中学時代、デビューしたての頃から浜崎あゆみさんが大好きでした。おそらく同級生に聞いたら「学年1、2を争う(というか多分1位の)あゆ好き」だったと証言してくれると思います。

 ご本人が書いた等身大の歌詞の1つ1つに心うたれ、話し方がぶりっこで「バカ」っぽいと言われても、CDは全部買って、テレビ番組は全部録画してかじりついて見ました。そしてセルフプロデュースで作り上げていくライブにも足を運んで……。私にとって初めて入れ込んだアーティストで、生き方そのものを応援していました。

 中学生の私はこの本の中にでてくる、「浜崎あゆみはバカじゃない!」と題されたオールナイトニッポンもリアルタイムで聞いていたし、また人気が出た後に失踪した数日があり、本で語られる「メイ」さん(実名はおそらくNから始まる別のお名前)が探しに来て事なきを得たことも、いちファンとして知っています。

でもその時期、〝あゆ〟ご本人がどんな想いをしていたのか、あんなに立て続けにシングルスをリリースして大丈夫なのかと心配になるくらいの駆け抜けっぷりの背景に何があったのかは、当然知り得る立場にはありませんでした。

だから、約20年を経て書籍『M』で彼女のライフストーリーとともに挿入される歌詞の1つ1つは、私の頭の中では完全に当時の浜崎あゆみの歌声で再生され、それがいつどういうタイミングで描かれたかを知ることは、納得感とともに新たな価値を付加してくれています。

実話をもとにしたフィクションということになっていますが、平成の歌姫誕生物語として、書き手の小松さんによってその時代感もふんだんに盛り込まれた「ほぼノンフィクション」として、評価できるのではないでしょうか。

そのうえで、浜崎あゆみというアーティストがうまれた背景を語るには、専務、あるいはmax matsuuraこと松浦勝人さんとのことは切り離すことはできなかったと思います。ファンの間でも何かあると噂されることはあれど、本人の語りをもとにしたストーリーが公開されることは、単なるスキャンダルとしてではなく、それまでの歌詞でもいつも等身大のあゆを発信してきてくれた濱崎歩さんの歩んできた道そのものであり、価値のある記録と思います。

1/2ページ

最終更新:8/21(水) 19:51
webマガジン mi-mollet

記事提供社からのご案内(外部サイト)

スタイリスト大草直子がコンセプトディレクターを務める、ミドルエイジ女性のためのwebマガジン。ファッション、ビューティ&ヘルス、ライフスタイルの情報を配信中。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事