ここから本文です

iPadセルラーモデルのSIMフリー版、8月23日から量販店で販売開始

8/21(水) 11:44配信

PHILE WEB

アップルのiPadには、本体にSIMカードを装着し、Wi-Fi環境がなくてもインターネット通信ができるセルラーモデルが存在する。

今回、SIMフリーのiPadセルラーモデルが、国内のApple製品専門店、一部の家電量販店で8月23日から店頭で販売開始されることが明らかになった。

21日にSIMフリー対応のiPadセルラー版を販売することを発表したショップは下記の通りだ。

C smartららぽーと横浜店
C smartららぽーと湘南平塚店
C smartららぽーとTOKYO-BAY店
C smartららぽーと富士見店
C smartモレラ岐阜店
C smartららぽーと名古屋みなとアクルス店
C smartららぽーと和泉店
C smartららぽーとEXPOCITY店
C smartピオレ姫路店
C smart丸亀町グリーン店
C smartリバーウォーク北九州店
C smartアミュプラザおおいた店
NEWCOM レイクタウン kaze店
NEWCOM 沖縄ライカム店
NEWCOM 広島府中店
misumi STORE 鹿児島
B-PARK+セブンパークアリオ柏STORE
ビックカメラ有楽町
BICQLO (ビックカメラ新宿東口店)

各店舗の発表を見る限り、対象となる機種はiPad Pro 12.9/11インチ、iPad Air(第3世代)が中心のようだ。

これまでSIMフリー対応のiPadセルラー版は、直営店であるアップルストアでのみ取り扱われていた。セルラー版のiPadについては大手キャリアでも購入できるが、購入後に通信キャリアを乗り換えたり格安SIMサービスを利用したくなった際には、場合によってはユーザーが自身でSIMロック解除手続きを行う必要がある。

今後は家電量販店でも、Wi-Fi専用モデルのほか、SIMフリー対応iPadセルラーモデルが購入できるようになることは、iPadの購入を検討している方にとって歓迎すべきことだ。

国内でも無料Wi-Fiサービスを提供するカフェやショップ、公共施設なども増えているが、セルラー版iPadは場所の制約を受けず、スマホのテザリングやポケットルーター端末などがなくても単体で、いつでも・どこでもインターネットに接続できるのが魅力だ。

海外旅行の際にも、現地で通信できるSIMカードを用意すると、例えば軽量なiPad AirならApple Booksに旅のガイドブックをダウンロードして参照したり、地図アプリなどを使って初めての街も落ち着いて歩き回れる。

量販店での展開が始まることで、セルラー版iPadの魅力がさらに多くの人々に伝わりそうだ。

山本敦

最終更新:8/21(水) 11:44
PHILE WEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事