ここから本文です

元仏代表MFリベリー、初のイタリア上陸へ フィオレンティーナと2年契約締結間近か

8/21(水) 13:30配信

Football ZONE web

中東や中国、アメリカ、母国フランスのクラブが候補に挙がるなか、セリエAが有力に

 昨季限りでドイツ王者バイエルンを退団した元フランス代表MFフランク・リベリーが、キャリアで初のイタリアでのプレーに近づいているという。イタリアのサッカー専門サイト「トゥットメルカートウェブ・コム」が報じている。

 リベリーはバイエルンで元オランダ代表MFアリエン・ロッベンとともに、“ロベリー”の愛称で親しまれたウイングコンビを組んできた。しかし、昨季限りで両者はともに退団。ロッベンは現役引退、リベリーは新天地を探す時期が訪れていた。

 リベリーに関しては中東や中国、アメリカに加えて母国フランスのクラブも候補に挙がっていたが、そのなかでセリエAのフィオレンティーナ入りが近づいているという。記事では、フィオレンティーナとは年俸400万ユーロ(約4億8000万円)の2年契約で交渉がまとまりそうだとレポートしている。

 セリエA開幕は今週末に迫っているが、フィオレンティーナは昨季終了後にオーナーの交代もあった。アタッカーの補強が必要と見られ、昨季限りでトットナムを退団した元スペイン代表FWフェルナンド・ジョレンテの争奪戦にも参戦している。

 1983年4月生まれで36歳になってスタートするシーズンで、リベリーはキャリアで初のイタリア上陸となるのか。紫のユニフォームを身にまとってサイドを疾走する姿が、セリエAの舞台で見られることになりそうだ。

Football ZONE web編集部

最終更新:8/21(水) 13:30
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事