ここから本文です

新川優愛の結婚で夢膨らむアラフォー男の現実

8/21(水) 16:01配信

東洋経済オンライン

 このところ小泉進次郎衆議院議員(38歳)と滝川クリステルさん(41歳)、速水もこみちさん(35歳)と平山あやさん(35歳)など、有名人の結婚報道が相次いでいます。ただ、これらのビッグカップル以上に世間の注目を浴び続けているのは、女優・モデルの新川優愛さん(25歳)の結婚。

 8月11日に行われた会見では、「9歳年上で35歳のロケバス運転手と近日中に入籍する」ことを発表したほか、新川さんから「バスに忘れ物をした」とウソをついて声をかけて交際がはじまり、2年半もの交際期間を経ての婚約だったことが驚きを持って報じられています。

 会見前に新川さんの結婚が報じられたとき、ネット上には、「どうせ“一般人”じゃないんでしょ」「IT社長とか高収入の男だろう」などのつぶやきがあふれました。しかし、フタを開けてみたら、相手の男性は「高収入とは思えないアラフォー」だったのです。

■アラフォー男性には「夢のある話」

 新川さんと言えば、16歳のときに「ミスマガジン2010」グランプリに選ばれたほか、現在も『non-no』専属モデルを務め、女優としても昨年「いつまでも白い羽根」(フジテレビ系)で連ドラ主演を飾り、さらに「王様のブランチ」(TBS系)でMCも務めたほどの人気者。

 人気、美貌、若さ、実績のすべてを持つ女性芸能人が一般人のアラフォー男性と結婚するのですから、やはり同年代の男性たちにとっては「夢のある話」と言えるでしょう。

 気になるのは、新川さんの相手だけでなく、小泉進次郎議員も、速水もこみちさんも、アラフォーという共通点があること。一般人、政治家、芸能人と職業の異なる3人のアラフォー男性が、同じ時期に結婚することが示唆に富んでいます。

 これらの結婚ラッシュを受けて、ネット上には「男性のアラフォーは結婚適齢期。人生の中で最も美しく若い女性と結婚できる」という説がいくつか見られました。その説は正しいのか?  あるいは「こうあってほしい」という希望的観測にすぎないのか? 

1/6ページ

最終更新:8/21(水) 16:05
東洋経済オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事