ここから本文です

レアルに痛手、練習復帰のU21スペイン代表MFが再び負傷。さらに3週間離脱か

8/21(水) 8:40配信

フットボールチャンネル

 レアル・マドリーが20日、チームに所属する20歳のU-21スペイン代表MFブラヒム・ディアスが再び負傷したと発表。

【写真特集】レアル・マドリーからもランクイン! プレイヤー能力値ランキング(1位~50位)

 ディアスはプレシーズン中に左足の大腿二頭筋を痛め離脱した。その後、約1ヶ月ぶりに通常トレーニングに合流し、戦列復帰に向けて練習を続けていたが、クラブの発表によると、再び負傷した模様。スペインメディア『フットボールエスパーニャ』が報じた情報によれば、ディアスの離脱期間は約3週間ほどになるようだ。

 現在、クラブ内では負傷者が続出している。マルコ・アセンシオは左膝前十字靭帯および外側半月板損傷。ロドリゴは右足大腿直筋の負傷、そして新加入のエデン・アザールも左足大腿直筋を痛めて離脱している。

フットボールチャンネル編集部

最終更新:8/21(水) 8:40
フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事