ここから本文です

ポグバに対する人種差別投稿で…ネビル氏がボイコット提案「6ヶ月SNSから離れよう」

8/21(水) 11:00配信

フットボールチャンネル

 マンチェスター・ユナイテッドに所属する26歳のフランス代表MFポール・ポグバに対し、ファンがツイッターを通じて人種差別的投稿を行なったことが問題になった。この事態を受け、イングランド女子代表を率いるフィル・ネビル監督が“ある提案”をしたと、20日に英紙『サン』が報じている。

【写真特集】世界最高の選手は誰だ! プレイヤー能力値ランキング(1位~50位)

 事の発端は現地時間19日に行われたウォルバーハンプトン戦。1-1で迎えた68分、ポグバがペナルティエリア内で倒されてPKを獲得。だが、ポグバのシュートはウォルバーハンプトンのGKルイ・パトリシオに止められてしまう。勝ち越しのチャンスを逃したポグバに対して、ファンがツイッターを通じて人種差別的な投稿をした。

 ネビル監督は「6ヶ月、ソーシャルメディアから脱却しよう。ソーシャルメディアが与える影響がどんなものか、実際に見てみよう。選手たちは、人種差別主義者、性差別主義者、同性愛嫌悪者などから、常に攻撃にさらされている。今季はシーズンの早い段階で、それを経験することになった」とし、「これはサッカーだけの問題ではない。社会の問題でもあるが、サッカーは今では皆の心の最前線にいる。我々はそれについて何かをする力を持っている。サッカーとはそういうものだ。今では本当に強力なメッセージを発信する必要があると思っているし、我々はそれをやろうと考えている。私はそこにいる全てのサッカー選手、全てのクラブ、そしてプロフェッショナル・フットボーラーズ・アソシエーション(PFA)にこう言っている。全てのソーシャルメディアをボイコットし、それが十分に大きな影響を与えるかどうかを確認してみようとね」と語り、SNSボイコットを呼びかけた。

フットボールチャンネル編集部

最終更新:8/21(水) 11:00
フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事