ここから本文です

エジル、メンディ、フレッジ……。戦力外がチラつく瀬戸際の男たち。

8/21(水) 19:31配信

Number Web

 マンチェスター・シティはウェストハムを5-0で叩きのめした。リバプールに1-4の敗北を喫したとはいえ、チャンピオンシップ(2部)から昇格したノリッチは縦に速く、勝負を捨てない好チームだった。そして、マンチェスター・ユナイテッドはハイプレスとロングカウンターによりチェルシーに4-0の快勝を収めている。さぁ、プレミアリーグの新シーズンがいよいよ開幕した。

【動画】まるでマンガ。デブライネのクロスの軌道がエグすぎる。

 しかし、喜んでばかりもいられない。去就が微妙で、パフォーマンスしだいでは早々と、遅くとも来年1月には戦力外を通告される選手たちがいる。

 アーセナルのウナイ・エメリ監督は、「イングランドの移籍市場は8日で閉じられたが、他国はまだ開いている。8月下旬から9月初旬にかけて数人の選手が出ていくだろう」と語っていた。最有力候補は責任転嫁を繰り返すシュコドゥラン・ムスタフィだが、メスト・エジルの立場も非常に危うい。攻→守の切り替えが鈍く、インテンシティにも不安がある。前線からのハードワークに重きを置くエメリのゲームプランには適していない。

「ジョー・ウィロックには数多くのチャンスが」

 この夏、アーセナルはレアル・マドリーからダニ・セバジョスを獲得し、エメリ監督は「ジョー・ウィロックには数多くのチャンスが訪れる」と語った。エジルとアーセナルの関係が終焉に近づきつつあることの証明である。

 2012年12月19日、アーセナルのアーセン・ベンゲル監督(当時)は、有望な若手の契約更新に相好を崩し、明るい未来に夢を馳せていた。名伯楽の前に並んでいたのは、アーロン・ラムジー、カール・ジェンキンソン、アレックス・オクスレイド・チェンバレン、キーラン・ギブス、ジャック・ウィルシャー。いずれも英国系で、彼らを軸とする数年後のアーセナルはヨーロッパを制するに違いない──という、それはそれは大きな期待に満ちあふれていた。

最も期待されていたウィルシャー。

 しかし、ラムジーはユベントスに、ジェンキンソンは2部のノッティンガム・フォレストに移籍した。オクスレイド・チェンバレンもリバプールに去った。

 5人の中で最も期待されていたのがウィルシャーである。

 チャンピオンズリーグで対戦したバルセロナのシャビ(現アルサッド監督)が、アンドレス・イニエスタ(現ヴィッセル神戸)が、口を揃えて「稀に見る才能」と絶賛し、名将ジョゼップ・グアルディオラ(現マンチェスター・シティ監督)をして、「バルセロナでも通用する」と言わしめるほどのレベルだった。

1/3ページ

最終更新:8/21(水) 20:56
Number Web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sports Graphic Number

文藝春秋

986号
9月12日発売

本体630円+税

桜の出陣。
ラグビーW杯大特集 日本代表、ベスト4への道

【別冊付録】 出場20チーム完全選手名鑑

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事