ここから本文です

最後は三塁打! 立浪和義が見事にサイクル安打(1997年8月22日)

8/22(木) 7:05配信

週刊ベースボールONLINE

 プロ野球の歴史の中から、日付にこだわってその日に何があったのか紹介していく。今回は1997年8月22日だ。

【画像】立浪和義×野村弘樹が語るPL学園時代の思い出とは?

 一番、難しいと言われる三塁打を残していた。この日、ナゴヤドームで行われた阪神戦にスタメン出場した中日・立浪和義。1打席目は右翼線二塁打、2打席目は右中間本塁打、3打席目は一塁内野安打をマークした。

 サイクル安打に王手をかけて迎えた第4打席。中堅右を抜ける当たりで猛然と三塁へ滑り込み、あっさりと史上47人目、50回目のサイクル安打を達成。中日の選手としては53年8月17日の原田光徳(当時名古屋、対巨人ダブルヘッダー第2試合)と62年9月16日の前田益穂(対大洋ダブルヘッダー第2試合)に次ぐ3人目の記録だった。
 
 同日現在で首位・ヤクルトに12.5ゲーム差の4位と優勝は絶望的になっていたが「熱心に応援してくれるファンのみなさんのためにも、もちろん僕ら自身のためにも、残り試合で来年につながる野球をやっていかないとね」と立浪。その証明となる大記録。闘志あふれるプレーに、ナゴヤドームの中日ファンは酔いしれた。

写真=BBM

週刊ベースボール

最終更新:8/22(木) 7:05
週刊ベースボールONLINE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ベースボールONLINE

株式会社ベースボール・マガジン社

野球専門誌『週刊ベースボール』でしか読めない人気連載をはじめ、プロ野球ファン必見のコンテンツをご覧いただけます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事