ここから本文です

「根本的に傲慢」:GoogleとFacebookの対応に、不満を募らせるバイヤーたち

8/22(木) 16:51配信

DIGIDAY[日本版]

メディアバイヤーたちによると、Twitterやスナップ(Snap)のチームでさえ先を見越した思慮深いパートナーへと成熟したのに、FacebookとGoogleの広告担当者にはイラ立たされることがますます増えているという。

FacebookとGoogleの広告担当者は、反応が遅く、最終的に反応があってもアドバイスが役に立たないという評判だと、バイヤーたちは語った。これに対し、Twitterとスナップのチームは、メッセージの方向が変わり、予算の規模にかかわらずバイヤーとのコミュニケーションを重視するなど、この1年で成熟したという。バイヤーたちによると、広告予算の使い先に影響するような差にはまだなっておらず、ROIはFacebookの勝ちという広告主がまだ多いが、Facebookは仕事が難しくはなっている。プラットフォーム側でも、Twitterとスナップの広告担当者は、率直にバイヤーとの関係の深まりを売り込んでいる。

バイヤーたちの率直な意見

フリーランスのメディアバイヤーであるデビッド・ハーマン氏は、「Facebookの担当者──エージェンシー担当者ではなく広告担当者──は力にならない。実際的な指針ではなく、懸案事項を寄こしてくる」と語った。

エージェンシーのアーキタイプ(Archetype)でシニアコンサルタントを務めるジム・ミニャーノ氏も、Facebookには同じような不満があると話す。Facebookの広告担当者はFacebookのベストプラクティスを主張するばかりだというのだ。「Facebookは、キャンペーン予算の最適化や自動プレイスメントなど、自社のベストプラクティスの方にキャンペーンが向かうように推進できる関係にしか興味がなく、実際にパフォーマンスの向上や支援に努めていないように感じる」とミニャーノ氏は語った。

フリーランスのマーケティングストラテジストであるローレン・ファビアンスキ氏は、Facebookの広告担当者は電話の際、「フォーマットやターゲティングなど、その月の方法を推奨する台本に従っている」ように感じると語った。「(Facebook担当者の)指示に対し、自社のチームが提案に関する何らかの懸念を表明すると、いつも突っ込んだ質問に回答できない。プラットフォームを自分で使っていないように思えてならない」と同氏はいう。

Googleの広告担当者について、バイヤーたちは、新しい人と仕事をしなければならないことが多く、質問の待ち時間が増えることがあると語っている。ウォーラルー・メディア(Wallaroo Media)の創業者、ブランドン・ドイル氏は、「(Googleで)多くの資金を管理していているのに、いつもたらい回しにされているように感じる。大事な質問も回答に何日もかかる。回答がないものもある。よい担当者にあたることもあるが、1週目の人にあたることもある。正直、かなり異様な状況だ」と述べた。

1/3ページ

最終更新:8/22(木) 16:51
DIGIDAY[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

DIGIDAY[日本版]

株式会社メディアジーン

デジタルマーケティング戦略情報に特化した
USブログメディア「DIGIDAY」の日本版。
国内外の最新情報を独自視点でお届けします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事