ここから本文です

“大事にする”と“甘やかす”はまったく違う【張本勲の喝!!】

8/22(木) 14:00配信 有料

週刊ベースボールONLINE

伝統を守るためにも原点に立ち返れ

今年の夏の甲子園も大いに盛り上がっているが、議論すべきことは数多い

 夏の甲子園も佳境を迎えた。順調にスケジュールが進んでいれば、あとは決勝を残すのみだ。

 今年も真夏の炎天下にもかかわらず、甲子園には連日たくさんのお客さんが詰めかけている。中には1日に2試合、3試合と観戦する人もいるという。本当に野球というスポーツは日本人に愛されているのだと思うし、そうした人たちが野球界を支えてくれている。本当にありがたいことだ。甲子園を目指して球児たちが汗を流し、切磋琢磨する高校野球の伝統はこれからも続いていってほしいと思う。

 それだけに、高校野球はもう一度、原点に立ち返る必要がある。101回目となった今年の甲子園でも、そう感じる残念な場面をいくつか目にした。

 まずガッツポーズはやめさせなければならない。今の時代に限らず、どの競技においても、日本のスポーツは礼に始まり礼に終わるものだ。思わず小さく握り拳を作ってしまうくらいは仕方がないかもしれないが、肩より上に腕を挙げて、まるで「お前をやっつけてやった」というようなポーズをとるのは、相手に対する礼に欠けている。ニタニタと笑顔を浮かべている選手もそうだ。瞬間的に笑みがこぼれるのはかまわないし、仕方がない。だが、いつまでも笑っているのは決していいことではない。

 私事だが、1980年に川崎球場での阪急戦で、山口高志から日本プロ野球史上初となる通算3000安打をホームランで達成することができた。私は思わずヘルメットを投げて喜びを露わにしてしまったのだが、あとから映像を見直して山口に申し訳ないことをした、礼を欠いていたという思いにとらわれた。後日、山口にそのことを謝ると、彼は「いえいえ、よかったですね」と返してくれた。その言葉を聞いて、私は非常に安堵したことを覚えている。

 言うまでもなく、野球は相手があって初めて成り立つスポーツだ。勝った側は負けた相手を労(ねぎら)い、負けた側は勝った相手を称賛し、敬愛する。それがいつの時代も日本のスポーツ界のあるべき姿であり、美徳なのだ。ましてや高校生であればなおさらだし、監督をはじめとする周囲の大人たちは、まずそうしたことを指導していかなければならない。

 甲子園は全国の高校球児たちの誰もが出たいと思う、あこがれの舞台だ。甲子園の地に立つことができた選手たちは、あとに続く球児たちにとってあこがれの存在にもなる。私は浪華商高(現・大体大浪商高)2年の夏に・・・ 本文:2,537文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込108

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

週刊ベースボール

最終更新:8/22(木) 14:00
週刊ベースボールONLINE

おすすめの有料記事

もっと見る