ここから本文です

ミニバンベースのキャンピングカー選びで重要なのは”収納”と”高さ”

8/22(木) 10:00配信

Auto Messe Web

広い車内を巧にアレンジ!取り回し性も重視

 最近はソロキャン(一人で行なうキャンプ)が流行っているが、やはりキャンプは大勢で楽しみたいもの。そこで、収納抜群で”使い勝手のいい”ファミリーにオススメの仕様と、カップルや仲間で楽しめる”車内の高さ”を意識した最新バンコン(ミニバンベースのキャンピングカー)2台をピックアップ。日常での取り回し性も考慮したトヨタ・ハイエースがベースで、インテリアの作り込みからバンコン選びの指標としてほしい。

多彩な収納と木の温もりを感じさせるキャンピングカーの車内

【サンタローザ・セドナタイプIII】

 エアロパーツを主体としたハイエースのコンプリートカー製作をする「ナックス」が、それまでの趣と異なる新ブランドが『サンタローザ』だ。

 カジュアル&ライフスタイルをテーマに“アメリカンバンライフ”なスタイリングが特徴で、ハイエースの標準ボディ・DXをベースに、天然ウッドを取り入れた内装を展開。この『セドナ・タイプIII』は引き出し式の床下収納が最大のポイントで、テントや椅子、テーブルなど、キャンプに必要な道具を余裕を持って積載することを可能としている。

 また、車体右側には家具も備え付けており、アイアンシェルフという棚を装備。こちらの収納力もしっかりと確保されている。さらにフロア面は一段上がった構造で、その下がスライド式の収納棚に。棚の奥にはベッドマットを、手前にはカトラリーなどをそれぞれ収納できる。棚を引き出したままにすれば、屋外用テーブルにも変身可能だ。

 そして、バタフライ式となる2列目シートを展開すれば、フルフラットのベッド空間が出現。向かい合って座れるダイニングスペースも魅力で、2列目シートを収納すればさらに荷物も積載できる設計となっている。

【フレックス・NH-Type-1】

 数多くのインテリアコンプリートカーを手掛ける「フレックス」は、新たなスタイルに仕上げたオリジナルキャンピングカー『NH type-1』を提案。ベースは取り回しがしやすいハイエース標準ボディのハイルーフだ。
 インテリアを主体としたこのコンプリートカーは、内装全体をオリジナルフルトリム化し、豪華さをアップ。標準装備となるサイドギャレーは、ウッドの素材を吟味し落ち着いた雰囲気を醸し出すハイグレード素材を選択する。

 クオリティを第一に考えた作り込みを行うことで、キャンピングカーとしての質を大幅に向上させている。シートレイアウトは、2列目にベンチシート、リアスペースには横向きのシートを配している。

 2列目シートをフラットにして、後方にはベッドマットを敷き詰めることで、完全なるフラットスペースが完成。大人2名、子供2名が就寝できるスペースが生まれている。そして、何より嬉しいのが、ハイルーフを採用してるため、ベッドマットなしの状態での車内の移動が快適であるということ。女性なら楽々だし、男性でも超身長でない限り、普通に車内を移動することができる。

 2列目のファスプシートは、前向き、後ろ向きのほかサイドへのスライド機構をもうけることで、完全フラットなスペースや、後方シートへの乗り降りがしやすくなっている。

 シンク&冷蔵庫を備えるサイドギャレー。天板部分がのスペースがとても広く、食事の支度をするときも便利に使うことができる。ハイルーフ車両をベースとして採用しているので、天井が高く車内の移動も楽に行えるのだ。

HIACE style編集部

最終更新:8/22(木) 10:00
Auto Messe Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事