ここから本文です

小さな巨人が存在感を増した! ルノー・トゥインゴが精悍な顔つきとなって登場

8/22(木) 7:07配信

WEB CARTOP

CシェイプLEDランプを採用し表情を変えた!

 ルノー・ジャポンは2019年8月22日(木)、トゥインゴの改良を発表し、販売を開始した。

新型トゥインゴの内外装!

 トゥインゴはルノーの小型車で、現行となる3代目からは5ドアハッチバックのボディ形状、RR (リヤエンジン・リヤドライブ)レイアウトを採用。最小回転半径は4.3mという軽自動車にも匹敵する小回り性能を実現する。実際WEB CARTOP編集部はスタッフカーとして長期間トゥインゴに乗っていたことがあるが、狭い路地から駐車場まで重宝したものだ。

 搭載する0.9リッターターボエンジンは最高出力92馬力/5500rpm、最大トルク135N・m/2500rpmを発生。トランスミッションは6速EDC(エフィシエント・デュアル・クラッチ)だ。

 今回の改良でエクステリアにはルノーブランドを象徴するCシェイプLEDランプ(フロント/リヤ)、Cシェイプウィンカー(フロント)を採用。

 バンパーはフロント、リヤともに新デザインのものとし、ボディサイズは全長3645mm×全幅1650 mm×全高1545 mmとなった。フロントバンパーのスリットは取り入れた空気をフロントのホイールハウスに抜けさせることで、空気抵抗の軽減に貢献するという。また左リヤフェンダーには新たに吸気用のエアインテークが設けられた。

 またボディにはドット柄のサイドストライプをあしらい、足元には新デザイン15インチアロイホイールを採用。トゥインゴらしい個性的なデザインを強調した。

 ボディカラーは黄色系の新色ジョン・マンゴーをはじめとする5色を用意。

 機能面では新たにマルチメディア「EASY LINK(イージーリンク)」を搭載。7インチタッチスクリーンでスマートフォンの各種機能にアクセスすることができる。SiriやGoogleアシスタントを利用した音声操作も可能だ。

 安全装備においては車線逸脱警報(LDW)、タイヤ空気圧警報が追加された。

 価格は195万円(税込)。

1/2ページ

最終更新:8/23(金) 16:26
WEB CARTOP

記事提供社からのご案内(外部サイト)

クルマの「知りたい」を完全網羅
新車試乗・最新技術・お役立ち情報 etc……
すべてがわかる自動車メディアの決定版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事