ここから本文です

第20回東京フィルメックス開催決定 歴代受賞作品を投票で再上映する特別企画も

8/22(木) 6:04配信

リアルサウンド

 第20回東京フィルメックスが、11月23日から12月1日にかけて有楽町朝日ホールほかにて開催されることが決定した。

 2000年12月に記念すべき第1回が開催された国際映画祭「東京フィルメックス/TOKYO FILMeX」は、アジアを中心に、新進気鋭の監督たちの作品を集め、どこよりも早く、ここでしか観られない注目作品がラインナップされる国際映画祭。

 記念すべき20回目を迎える今年は、特別企画として歴代受賞作品の人気投票上映を行う。特設サイトから投票を受け付ける形で、過去のコンペティション部門受賞作品を対象に、人気上位作品を上映する。

 8月22日から9月10日の間、歴代の受賞作品(コンペティション部門上映作品が対象)より、第20回東京フィルメックスにて上映される作品の投票を受け付ける。投票は、1人1作品、1度のみ。なお、上映本数は未定となっている。

■「歴代フィルメックス受賞作品人気投票」対象作品
(GP=最優秀作品賞、JP=審査員特別賞、SM=スペシャル・メンション、AA=観客賞、agnes b.=アニエスベー賞、SJ=学生審査員賞)
第1回GP『ふたりの人魚』(監督:ロウ・イェ/中国)
第1回JP『ジョメー』(監督:ハサン・イェクタパナー/イラン)
第2回GP『フラワー・アイランド』(監督:ソン・イルゴン/韓国)
第2回JP『少年と砂漠のカフェ(映画祭題:デルバラン)』(監督:アボルファズル・ジャリリ/イラン・日本)
第3回GP『ブリスフリー・ユアーズ』(監督:アピチャッポン・ウィーラセタクン/タイ)
第3回JP『右肩の天使』(監督:ジャムシャド・ウスモノフ/タジキスタン)
第3回SM『死んでもいい』(パク・ジョンピョ/韓国)
第4回GP『香火』(監督:ニン・ハオ/中国)
第4回JP『ハナのアフガンノート (映画祭題:ジョイ・オブ・マッドネス)』(監督:ハナ・マフマルバフ/イラン)
第5回GP『トロピカル・マラディ』(監督:アピチャッポン・ウィーラセタクン/タイ)
第5回JP『亀も空を飛ぶ (映画祭題:タートルズ・キャン・フライ)』(監督:バフマン・コバディ/イラン・イラク)
第6回GP『バッシング』(監督:小林政宏/日本)
第6回JP『あひるを背負った少年』(監督:イン・リャン/中国)
第6回agnes b.『SPL〈殺破狼〉』(監督:ウィルソン・イップ/香港・韓国)
第7回GP『天国へ行くにはまず死ぬべし』(監督:ジャムシェド・ウスモノフ/タジキスタン・フランス)
第7回JP『アザー・ハーフ』(監督:イン・リャン/中国)
第8回GP『テヒリーム』(監督:ラファエル・ナジャリ/イスラエル)
第8回JP『天使の眼、野獣の街 (映画祭題:アイ・イン・ザ・スカイ)』(監督:ヤウ・ナイホイ/香港)
第9回GP『戦場でワルツを(映画祭題:バシールとワルツを)』(監督:アリ・ファルマン/イスラエル)
第9回JP『木のない山』(監督:ソヨン・キム/韓国)
第9回JP『サバイバル・ソング』(監督:ユー・グァンイー/中国)
第10回GP・agnes b.『息もできない』(監督:ヤン・イクチュン/韓国)
第10回JP・AA『ペルシャ猫を誰も知らない』(監督:バフマン・コバディ/イラン)
第11回GP『ふゆの獣』(監督:内田伸輝/日本)
第11回JP『独身男』(監督:ハォ・ジェ/中国)
第11回AA『Peace』(監督:想田和弘/日本)
第12回GP『オールドドッグ』(監督:ペマツェテン/中国・チベット)
第12回JP『ムサン日記~白い犬』(監督:パク・ジョンボム/韓国)
第12回SM『ミスター・ツリー』(監督:ハン・ジェ/中国)
第12回SM『無人地帯』(監督:藤原敏史/日本)
第12回SJ『東京プレイボーイクラブ』(監督:奥田庸介/日本)
第13回GP『エピローグ』(監督:アミール・マノール/イスラエル)
第13回JP『記憶が私を見る』(監督:ソン・ファン/中国)
第13回SJ『あたしは世界なんかじゃないから』(監督:高橋泉/日本)
第14回GP『花咲くころ』(監督:ナナ・エクチミシヴィリ、ジーモン・グロス/ジョージア・ドイツ・フランス)
第14回SP『ハーモニー・レッスン』(監督:エミール・バイガジン/カザフスタン・ドイツ・フランス)
第14回SM『カラオケ・ガール』 (監督:ウィッサラー・ウィチットワータカーン/タイ・アメリカ)
第14回SM『トーキョービッチ,アイラブユー』(監督:吉田光希/日本)
第14回AA『イロイロ ぬくもりの記憶』(監督:アンソニー・チェン/シンガポール)
第14回SJ『トランジット』(監督:ハンナ・エスピア/フィリピン)
第15回GP『クロコダイル』(監督:フランシス・セイビヤー・パション/フィリピン)
第15回JP・SJ『彼女のそばで』(監督:アサフ・コルマン/イスラエル)
第15回SM『シャドウデイズ』(監督:チャオ・ダーヨン/中国)
第16回GP・SJ『タルロ』(監督:ペマツェテン/中国)
第16回JP『ベヒモス』(監督:チャオ・リャン/中国)
第16回SM『白い光の闇』(監督:ヴィムクティ・ジャヤスンダラ/スリランカ)
第16回SM『クズとブスとゲス』(監督:奥田庸介/日本)
第17回GP『よみがえりの樹』(監督:チャン・ハンイ/中国)
第17回JP『バーニング・バード』(監督:サンジーワ・プシュパクマーラ/スリランカ・フランス)
第17回AA『私たち』(監督:ユン・ガウン/韓国)
第17回SJ『普通の家族』(監督:エドゥアルド・ロイ・Jr/フィリピン)
第18回GP『マルリナの明日 (映画祭題:殺人者マルリナ)』(監督:モーリー・スリヤ/インドネシア)
第18回GP『見えるもの、見えざるもの』(監督:カミラ・アンディニ/インドネシア)
第18回SJ『泳ぎすぎた夜』(監督:ダミアン・マニヴェル、五十嵐耕平/日本・フランス)
第19回GP『アイカ(原題)』(監督:セルゲイ・ドヴォルツェヴォイ/カザフスタン)
第19回JP『轢き殺された羊』(監督:ペマツェテン/中国)
第19回SM『夜明け』(監督:広瀬奈々子/中国)
第19回SJ『ロングデイズ・ジャーニー、イントゥ・ナイト(仮題)』(監督:ビー・ガン/中国)

リアルサウンド編集部

最終更新:8/22(木) 6:04
リアルサウンド

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事