ここから本文です

【WRC名車列伝その3】ランチア デルタS4(1985-1986)は遅れてやってきた悲運のグループBカーだった

8/22(木) 18:30配信

Webモーターマガジン

プジョー205T16を打倒する前に時代は次へ

モータースポーツにはそのリザルトとともに忘れられないクルマが存在する。この短期集中連載では、強烈なインパクトと圧倒的な速さでWRCを席巻した思い出深い名車を紹介しよう。その第3回は「ランチア デルタS4」だ。

【写真】ランチア デルタS4の活躍シーン、インパネや透視図などを見る

「037ラリー」の後継として登場した「デルタS4」だったが、037ラリーに十分なポテンシャルがあったこともあり、開発が遅れたのが痛かった。エンジンを縦置きするアイデアは秀逸で、衝撃的なデビューを飾ったものの、「これから」という時に突然グループB時代が終焉を迎えてしまったのだ。

1982年から施行されたグループBレギュレーションにいち早く対応し、プロトタイプ並みのレーシングラリーカー、ラリー037でアウディ クワトロを敗って1983年のマニュファクチャラーズ選手権を勝ち取ったランチアだったが、2WDラリーカーでは限界があることは自明であり、すでに1983年1月の時点で次期マシンの開発が決定されていた。 

こうして誕生したのがデルタS4だった。「SE038」の開発コードネームが示す通り、このニューマシンは「ラリー037同様にアバルトが設計を担当し(「SE0」から始まるコードネームはアバルトの開発車両コード。SEはスポルト・エスペリメンターレ=実験的スポーツ車両の略)、ランチアの小型車デルタのサイズとホイールベースを使用して開発が進められたことから、後にデルタS4と呼ばれることになる。

「S4」のSはオーバーチャージド(過給)を表す「Sovralimentata」で、1759ccの直4エンジンが037譲りのアバルト製スーパーチャージャーにKKK製のターボチャージャーを加えたツイン過給(スーパーチャージャーが低中速回転域をターボチャージャーが高速回転域を担当)されること示していた。

一方、「S4」の4が表すのは当然4WDで、S4のシステムは同じミッドシップ4WDのプジョー205T16とは違い、直4ユニットをミッドに縦置きし、その前方にギアボックスを置いてセンターデフと繋げるというものだった。

しかし開発は遅々として進まなかった。その間ランチアはラリー037にエボリューション2を投入して延命させるなどして対応。エアロダイナミクスを中心に幾多のトライが重ねられたあげく、ようやくホモロゲーション(車両公認)を取得したのは1985年の11月1日。WRCデビューはこの年の最終戦RACラリーとなった。

このシーズンはプジョー205T16が圧倒的に強かったが、デルタS4はいきなり1-2フィニッシュという衝撃のデビューを果たす。勝者のヘンリ・トイボネンはその勢いのまま翌年1月の1986年シーズン開幕戦モンテカルロラリーでも勝利。だが、その若きエースは第5戦のツール・ド・コルスでクラッシュ/死亡するという悲劇に見舞われた。

その後、マルク・アレンが孤軍奮闘するも、ラリーカーの完成度としてはデビュー3年目のプジョー205T16がこの時点では上。デルタS4にトラブルが多発したこともあり、結局ランチアのマニュファクチャラーズ選手権奪回はならなかった。

ドライバーズ選手権はアレンが最終戦オリンパスラリーで優勝したことで獲得したかに見えたものの、その後プジョーに失格裁定が下されていた第11戦サンレモラリー(アレンが優勝)の結果をFIAが無効とする判断を下し、プジョーのユハ・カンクネンの手に渡った。

この時点でWRCは安全上の理由で翌年からグループB(およびその後継カテゴリーとして予定されていたグループS)を禁止、より市販車に近いグループAで争うことが規定路線となっており、デルタS4はその短いラリーカー生涯を閉じることとなったのだった。

ランチア デルタS4(1985年)主要諸元

・全長:4005mm
・全幅:1800mm
・ホイールベース:2440mm
・車両重量:960kg
・エンジン:直列4気筒 DOHC +ターボ
・排気量:1759cc
・ボア×ストローク:88.5×71.5mm
・最高出力:480ps/8400rpm
・最大トルク:490Nm/5000rpm
・駆動方式:MR エンジン縦置き
・トランスミッション:5速MT
・サスペンション:前後ストラット
・車両規則:グループB

Webモーターマガジン

最終更新:8/22(木) 18:30
Webモーターマガジン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事