ここから本文です

【Japan Data】安倍首相、在任日数歴代2位に : トップ4は“長州閥”が独占

8/22(木) 15:35配信

nippon.com

安倍晋三首相の通算の在任日数が歴代2位に。今秋に桂太郎氏を抜いて憲政史上最長となる見通し。2019年夏の参院選を乗り切ったことで、自民党内では党則を変更して4期目を望む声も出ている。

安倍晋三首相の通算の在職日数が2019年8月23日に2798日となり、大叔父であり、ノーベル平和賞受賞者でもある佐藤栄作氏と並ぶ歴代2位タイとなる。24日には単独の2位に、11月20日には桂太郎氏を抜いて憲政史上最長となる見通し。

トップ4の桂氏、安倍氏、佐藤氏、伊藤博文氏はいずれも現在の山口県出身。同県は江戸時代まで長州藩と呼ばれ、幕末の倒幕運動・明治維新の中心となり、明治新政府で活躍した多くの政治家を輩出した。

安倍氏が最初に首相に就任したのは、06年9月だったが、自身の体調の不良などで第一次安倍政権はわずか1年で終わった。その後、民主党政権下の12年9月の自民党総裁選に勝利し、同年12月の衆院選で自民党が政権与党に返り咲いたことから、再び首相の座に就いた。第二次安倍政権発足以降の連続在職日数は8月23日時点で2433日。

安倍氏の自民党総裁としての任期は21年9月末日まであり、任期いっぱいまで首相を務めると在任期間は3567日となる。自民党の党則は党総裁任期について連続3期9年までと定めているが、党内の一部からは4期目を求める声も出ている。

最終更新:8/22(木) 15:35
nippon.com

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事