ここから本文です

中国軍艦がフィリピン領海に侵入して「航行の自由」作戦

8/22(木) 18:51配信

ニューズウィーク日本版

<度重なる中国軍艦の無断侵入、レーダー探知を避けるため自動識別スイッチオフで通航していた確信犯ぶりをフィリピン国軍は指摘>

領有権論争をめぐって緊張が続く南シナ海の周辺で、中国が強気の行動を繰り返している。フィリピン国軍は8月14日、中国海軍の軍艦計5隻が7月と8月にフィリピンの「内海」に位置するシブツ海峡を無断で通航したと発表した。

シブツ海峡は国際航行に利用されており、あらゆる国の船舶は沿岸国の平和や秩序を害さない限り、他国の領海を通告や許可なしで航行できる「無害通航権」を有している。ただし軍艦の場合は沿岸国に事前に通告するのが慣例で、中国はその慣例を守っていなかった。しかも、中国の軍艦はレーダーで探知されないよう自動識別装置のスイッチを切っていた上に、直線でなく曲線の航路を取ったことから「無害」とは言えないと、フィリピン国軍は主張している。

中国の軍艦がフィリピン領海に通告なしで侵入するのは今回が初めてではない。7月22日には駐フィリピン中国大使の趙鑑華(チャオ・チエンホア)がロレンザーナ国防相に対し、軍艦が通航する場合は事前通告を行うよう中国海軍に指示する、と約束したばかりだった。

<本誌2019年8月27日号掲載>

ジェームズ・パターソン

最終更新:8/22(木) 18:51
ニューズウィーク日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

CCCメディアハウス

2019-9・24号
9/18発売

460円(税込)

【特集】日本と韓国 悪いのはどちらか
終わりなき争いを続ける日本と韓国── 泥沼の関係に陥った本当の原因と「出口」を考える

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事